【嫌いになったらとことん嫌い】極端な性格を直したい!

あなたは、「この人ちょっと嫌かも…」と思い始めたら最後、とことんまで嫌いになってしまう・・・そんな傾向はありませんか?





自分て変だよね…と自覚してはいたけれど

わたし自身がそうで、とことんまで嫌いになってしまう自分を「どうにかしたい」と思っていたけど、どうすることもできず、長い間生きてきました。

極端な性格してるよな…と思うようになったのは、いつ頃からだろうか…と昔を思い返すと、社会人になってからなので…多分、22歳前後です。


当時働いていた職場で、ものすごーーーく嫌いな上司がいましてね。
毎日顔を会わせるのが嫌で嫌でたまらなかったんですが。

一般的に、嫌われる上司って言えば、怒りっぽかったり、部下の話を聞いてくれないとか、仕事をしないとかだと思うんですが、その上司は、仕事はできるけれども威張ったりしないし、気さくで、部下に慕われている方でした。

そんな方をなぜ嫌いになってしまったのか…理由が自分でも良く分からないんです。よく分からないけど、ちょっとした動作とか、ものの言い方とか…そんな些細なところで「嫌だな」って感じていて、それが積み重なって大っ嫌いになったのかなあ、とは思います。なんですが、そこまで嫌いになるほど悪い人じゃなかったので、自分て変だな…とも思っていました。

でも、自分が変でもなんでも、とにかく嫌だと思ったら、もうどうにも止まらないんです。じきに顔も見るのも嫌になって、仕事を辞めたい辞めたい、ってそればかり考えるようになっていました。職場の嫌いな人なら、仕事を辞めたいって思うし、友達関係とかプライベートで嫌いな人がいたら、一生会いたくない!!と、会わずに避け続けました。

 

そんなこんなで、自分て極端な性格だよな…って思うようになってから20年近くが過ぎた今。
ようやく、この極端さが…右か左かしか行けないT字路みたいなわたしに…。
TT兄弟みたいなわたしに…。 いや、TT兄弟とは違うけど…どうでもいいけど…。
変化が現れはじめました。

例えるなら、メニューがブラックコーヒーとミルクのみの喫茶店に、カフェオレが登場したような。


例えるなら、豆か草しかなかった大福に、いちご大福が登場して、甘さとすっぱさのハーモニーを味わっているような。



例えるなら、マヨネーズとケチャップの良いとこどり「オーロラソース」で、サラダを美味しく頂くような。 ・・・ん?

 

 

そんな感じになってきたんですよ。 

例えが全部食べ物なのは、今お腹が空いているからです。
お腹が空いていなければ、もうちょっと気の利いた分かりやすい例えが思いつくと思いますが、今は無理です。無理なんで、とにかく早く、いちご大福をください。



つい最近も…

実は、今から一年ほど前にも、すごく大嫌いになってしまった人がいたんです。
これまでの傾向を見ると、大嫌いになった人のことをまた好きになる事はあり得ないんですが。
ちょっと嫌いになったら最後、どんどん嫌いになる一方だったんですが。

今は、その人を嫌いではないんです。
大嫌いになって関係をブチっと切って、はいサヨウナラ、ということになっていないんです。

一体どうしてなのか・・・宇宙人にさらわれて、なにやら装置を埋め込まれ、それから別人のような性格になってしまった・・・なんてセンセーショナルな話ではありませんけどね。 わたしが「この人嫌い!」と思い始めたときに、どんな風に対処しているかを書きます。

 

白黒思考になっていないか?

とことん嫌いになってしまう極端さというのは、つまり「白黒思考」と言われる思考の癖がある状態だと思うんです。

白か、黒かで物事を決めつけてしまう傾向があるので、好きな人のちょっと嫌なところを見てしまうと、良い人→ダメな人 という見方になり、好き→嫌い へと一気に気持ちが変わってしまうというわけです。

それは、敵か味方かという二択で判断しているってことでもありますね。
好き=味方
だけど、ちょっとでも嫌いなところが出てきたら、その人が”敵”になっちゃうんです。


人間だれしも、長所があれば短所もあり、それら全部をひっくるめてその人であって、敵と味方のどっちか…なんて二択で分ける必要なんてない。

そんな風に考えることができたら、ちょっと嫌だな、って思うところがあっても「ま、そんな一面もあるよね…」くらいでおさまるんです。
でも、良い・悪い、敵・味方で判断しちゃうので、「まあ、そんなところもあるよね…」なんて到底考えられないんです。

若かりし頃のわたしは、自分にそういう傾向があるってことをまったく知りませんでした。今は、わたしは白か黒かで物事を決めつける傾向があることを自覚しています。

そのため、なんかこの人の嫌いなところばっかり見てるなあ…なんて気付いたときに、自身を振り返ることができるようになりました。

また白か黒かで見てたなって気づいたら、自分にも欠点があるように、あの人にだってそりゃああるさ!と考え直したり、嫌なところもあるけど、良いところももちろんあるんだよね。って、良いところを探したりします。
そうすると、嫌い度数が下がるんですねえ。

 

先日、一年前に大っ嫌いになってしまた人と穏やかに会話をしていて。冗談言って笑いながら、「ああ、良かったなあ…」ってしみじみ感じました。

嫌だと思ったらぶった切るしかしてこなかったわたしが、ぶった切らずに、今こうして笑って会話をしているなんて。 嬉しいことです。

 

嫌いな人がいてもいい

とことん嫌いになってしまう・・・。これの何が辛いかというと、”顔を見るのも嫌なくらい嫌いな人がいる”という事実よりも、実は、”別にそこまで嫌いになるような相手じゃないのに、こんなにも嫌っている自分自身”が辛いんじゃないかと思うんです。わたしはそうでした。どうしてここまで嫌いになるのか分からないくらいに嫌いになってしまう自分。そしてそんな自分をどうすることもできない。それがすごく辛かったです。

結局、自分のことも嫌っていたんです。
どうしてわたしはこんなに人を嫌いになってしまうんだろう…わたしはおかしい。変な人間だ…って。

自分自身のこと、良いか悪いかの二択で見ていたんです。そして、いつだって自分は”悪い”でした。


今は、また人を嫌いになってるよ・・・って気づいたときに、”だから自分はダメなんだ”と思わないようにしています。
そうかー、〇〇さんのこと、嫌いだって思っているんだなあ・・・と、”ふーん”って、興味のない話を聞いてる時みたいに”ふーーん”って一歩ひいて自分を見るようにしています。

そうすると、自分に✖をつけなくなるので、気持ちが楽になります。気持ちが楽になると、嫌いなその相手の事が少し、どうでも良くなるんですよね。

嫌ってはダメだ!という気持ちが、自分自身を苦しめて、より、嫌いな人のことが頭から離れなくなってしまうみたいです。



こんな感じで、わたしは、自分の思考を見つめ直したり、自分自身に✖をすることをやめることで、とことん嫌いになってしまう・・・という悩みが解消されていくんです。

何を我慢しているのだろう?

嫌いになったら、とことん嫌いになっちゃう…そんなタイプの人って、遠慮がちで言いたいことが言えなくて、相手に合わせることが多くないですか?
言わないで我慢してるから、不満がたまる、ストレスがたまる。
それが「とことん嫌い」に発展していくんじゃないかなって、思うんです。

言い方がイヤミっぽかったり、キツイ事を言われても、愛想笑いしてヘラヘラしてたり。傷ついてるのに、平気なふりしたり。

我慢、我慢、我慢。 それが、とことん嫌いになる原因のひとつだとしたら、この我慢づくしの人付き合いを変えていくことで、変化が現れるのではないでしょうか。

別にね、「あなたの言い方、まじでイヤなんだけど!」って、気が強い人と同じように、はっきりとした口調で、はっきりと主張しなきゃいけないわけでもないんです。自分が言いやすい、伝えやすい形で良いんです。やんわりと、冗談めかして、手紙で、電話で…。
それは、相手によって、その時の状況や気分によって、変化しますから、「こういわなきゃいけないんだ!」と考える必要はないんです。
でも、何に我慢しているのか、その我慢をどうしたら解消できるのかってことは、よく考えて、実際にやっていくことが大切だと思うんです。

 

希望を胸に、人付き合いを楽に!

「誰とも長く付き合えない」とか「関係をすぱっと切ってしまう」とか「嫌いになったらとことん嫌いになってしまう」といったことで悩んでいて、自分の性格はおかしい、自分は変だ・・・と、人との関わりを煩わしく感じ、孤独を感じている方に、希望を持ってほしいなあって思っています。

 

20年以上、同じようなことを繰り返してきたわたしでも、自分の思考がマイルドになっているって実感できるようになり、人付き合いのしんどさが減ってきているのですから。


思考の癖を直すのも、我慢しないで、相手に伝えることも、なかなか簡単にはいかないです。 習慣を変えるのが難しいのと同じで…。別にお腹空いてなくても、なんとなく12時になったらお昼ご飯食べなきゃいけない気になって、食べちゃうのと同じです。

こればかりはしょうがないです。ずっとそういう考え方をしてきて、ずっと同じ人付き合いの形をとってきたのだから、直すのだって、すぐってわけにはいかないです。
でも、道のりは長いのかもしれないけど…時間がかかるからこそ、変わってきた自分を感じられたときの喜びは大きいです。

わたしも、行きつ戻りつしてますが、これからも諦めないでやっていこうと思ってます。
あなたも、とことんまで嫌いになってしまう自分をどうにかしたい!と思うなら、ぜひ気長に、取り組んでいきましょう!


コメント