この生き辛さは私だけではないのかも

いわゆる”白黒思考”と言われる、自分を苦しめる考え方の癖を直すことに取り組みはじめてから、数年が経っています。

なぜ取り組んでいるかって、

一旦人を嫌だなって思ったら、もう全部嫌い!!って、なっちゃうし、
他人の許せないことが多くてストレスが溜るし
自分のこともまた、許せないことばかりで、自己否定はんぱないし
完璧主義で、今にさっぱり満足できないし
敵か味方か、で判断して、敵ばっかりになっちゃうし、

まあとにかく、言い出したらキリがないですが、一言で言うと”生き辛い”のです。

生き辛さを改善するために、この”白黒思考”自分の考え方の癖を直していくのです。他人は変えられない、変えられるのは自分だけ!ってことで。

そんな取り組みの中で、つい見落としてしまいがちなこと、があるんです。

それは、”自分を苦しめる考え方の癖を持っているのは、自分だけじゃない” という視点です。

スポンサーリンク

相手にも、考え方の癖がある

前回の記事で、同僚が急に素っ気ない態度になり、それ以降、嫌われる不安がつきまとう…という場合の対処法を書きました。

【嫌われてる?!】急に素っ気なく冷たくなった同僚
勤務先の同僚の態度が、ある日突然、素っ気なくなりました。その日は朝の挨拶をした瞬間から「あれ?いつもと様子が違う」と感じました。わたしの方を見ようとしないし声も小さいし、暗いのです。 気のせいかな…?と話しかけると、やっぱり明らかに冷たく...

このように、自分では何かした覚えがないけれど、突然相手の態度が変わって冷たくなった、という場合。

もしかしてもしかすると、その人もまた”白黒思考”なのかもしれないんです。

つい、自分が何かしたから…? とか、 私のこと、嫌いなんだ…って、”自分” のことばかり考えがちなんですが。 
いやいや、待てよ、と。 

相手もまた、白黒思考なのかもよ…? だから、こんなに急に、いきなり、突然に、態度が変わったのではないか…?

そう考えると、ちょっと気が楽になりませんかね。

自分が何かしたせいかもしれない。だけど! 相手の考え方が極端だから、っていうのも理由のひとつかもしれないよ…? って。

もちろん、素っ気ない態度をされること自体は、嫌なのです。嫌だけれども!

前回の記事に書いたように、”いつも通りの自分でいればいい!” っていう気持ちがね、ちょっと強く持てると思うのですよ。

私だけが、は違うのです

このブログを読んでくださる方はきっと、【こんなに変なのは自分だけ】【自分だけがおかしい】と考えがちなんじゃないかと思います。

白黒思考という癖がある自分。 ああ、嫌な自分。みんなはこんなじゃないのにな。自分はどうして…と。
私も、そうでした。(ちなみに、白黒思考以外の考え方の癖もあります。)

だけどさ、世界には80億人近くも人間がいて、そんな沢山いるのに、自分だけが変なんてこと、あるわきゃないんですよ。

 

自分と似た考え方の癖を持ってる人、星の数ほどいるんです。

”白黒思考” とネットで検索したら、ものすごい数の記事が出てきます。それはつまり、そういうことですよね。
自分だけ、の相当稀な考え方であるなら、ネットで検索に出てこないですよねえ。そもそも”白黒思考”なんて言葉自体が、作られてないですよねえ。

 

自分だけ、じゃないんです。 自分だけじゃないから、世の中がこんなにギスギスしているんじゃない…?
生き辛さを抱えている人って、今、本当に多いと思うんですよ。 
みんな、幸せそうだ。自分以外は、楽しい人生を送っている。なんて、妄想なのです。

 

急に態度が素っ気なくなったあの人も。
ぐいぐい系の、わがまま放題なあの人も。
旅行来た♪たのし~♪ってSNSでアピールしているあの人も。

 

本当に、幸せなのかなあ。

実際にどうかは分かりません。 分かりませんけど、少なくとも、”自分だけが” っていうのは違います。

逆に、”自分は悪くない、全部他人が悪い!” もまた違いますが。 

すぐ”自分がダメだから”と考えてしまう方は、

自分のせいで… 私がダメだから…が発動したら、”相手はどうなんだろう?” と、相手に目を向ける、相手にも、極端なところ、あるのかも? といった視点を持ってみると、きっと多少なりとも気持ちが楽になると思います。

Hits: 53

タイトルとURLをコピーしました