一生懸命ではあるけれど空回っている人

以前書いたこの記事↓

”あの人は苦手”って決めつけているだけかも
あまりよく知らないのに、苦手だなって思って避けてしまう人はいませんか?そういう場合、苦手だと決めつけているだけで、実は気が合う相手かもしれません。

小学生低学年の頃、近所の家で飼っていたワンコが、外で気持ちよさそうに眠っていましてね。
とっても可愛かったので、寝ているワンコのお腹を撫でたんです。 人懐っこいワンコで、今までも沢山撫でていましたから、何の躊躇いもありませんでした。

 

ところが、ワンコは。
お腹を触った私の手を、ガブリ!!! と、思いっきり噛んだのです。

痛ったああああああー!!!!
衝撃でした。嚙まれる、という危機感がゼロだったので、びっくりしましたねえ。目玉が西川きよしさんになりました。

 

大人になっても、この出来事がずっとトラウマで、日本犬=怖い というイメージがありました。
日本犬が近くにいるだけで、目玉が、西川きよしさん気味になっていました。

 

前回の記事では、日本犬=怖い、は思い込みだったんだよなア…と気付いた話を書きましたが、もうひとつ、書きたいことが出てきました。

あの時の私は、犬の気持ちを完全に無視していた、ということです…。


スポンサーリンク

トラウマになった原因

犬が寝ている姿を見て、カワイイ!!撫でたい!! と私はワンコに手を伸ばしました。

撫でたい という自分の欲100%で、手を伸ばしたわけです。

寝ているときにいきなり触られたら、ワンコはどんな気持ちだろうか…?とは、ミジンコほどに微塵も、考えなかったんですよね。

もしそう考えていたら…

寝ているところを撫でたら、びっくりするかもな。

と、ワンコの気持ちを慮っていきなり手は出さなかったはず!

ちょっと離れたところから「ワンコー!おーい!寝てるのかーい?」って声をかけたでしょうし。
それでワンコが、ん?と目を開けたら、ちょっと近づいて、「撫でてもいいかなー?」とちょっと撫でるそぶりをみせたりして、様子を伺い。

犬がしっぽを振って嬉しそうにしたら、撫でるし。

うううーと唸ったら、やめるし。

という判断が出来たはずなのです。

そうしたら、噛まれない。
日本犬怖い、というトラウマにならなかったし。
だいたい、いきなり触られてびっくりしたのは、ワンコの方で、むしろワンコが可哀想なわけで、ワンコにとってもこの方が良いのです。

自分勝手にしないために

まあ、あの時私はまだ7、8歳だったから、ワンコの気持ちを慮ることが出来なくても仕方がなかったのですが。 
お恥ずかしい話、私は、あの頃からさして成長せずに大人になってしまった節があります。


それをしたら、相手はどう感じるのか…?
 

よりも、自分の考え、自分の気持ちを優先してきてしまいました。
そのせいで周りに迷惑をかけたり、空回りしたり、だけど自分はそれに気づいていなかったことが、多々あったと思います。 
 

 

じゃあ、これからは相手の気持ちを慮ればいいだよね! とも言い切れず。半分合っていて半分間違っている気がします。

なぜなら、自分勝手な言動がそもそも多い人は、


きっと相手はこういう気持ちのはずだ! と、これまた自分勝手に、自分ならこうだから、相手もこうだろうとか、こういう時はこれが普通だ!!って、決めつけがちだからです…。

自分の事を棚にあげてしまいますが。
棚に上げて人の事を書いてしまいますが。

職場にいるのです。
自分ではすんごく気を遣って、相手に配慮しているつもり、な方が。だけど、空回りしていて、やることなすことが、ズレている方が…!

 

なので、周りからすると、「いや別に、それは求めてないですよ…。いや、有難迷惑ですよ…。うるさいなあ…。」ってなっちゃうのです。

でも、本人はすごく頑張っているんです。相手の気持ちを考えているつもりなんです。
それで、私は頑張っている!と自分でも思っている。 それなのに、なぜだか周りが冷たい。評価してもらえない。陰口言われる…。 

空回り、
空回り…。

なんで??なんでなんでなんで?!?! って、更にムキになって頑張るという…。

 

それは、観察をしていないから っていうのが、ひとつあると思うんですよね~…。
自分勝手に、相手の気持ちを決めつけていて、それがズレているんじゃないかな、と。 

観察するっていうのは、自分の考え、決めつけは入ってきません。
ただ相手を観るだけ、です。

 

 

家の前で寝ているワンコを観察したら、何が分かるか…?

熟睡しているのか、
半分目が開いているのか。
薄目でこっち見とるんか。

近づこうとしたら、
ううううーって唸るのか
ワンワン♪って鳴くのか
完全無視なのか

しっぽは?
ゆっくり動かしてる?
まったく動かない?
ファーっと毛が逆立つ??

…などの情報が手に入ります。

その情報をもとに、ワンコの気持ちを慮るんですね。そうしたら、ズレがきっと少ないです。

 

人間だったら、 話しかけたい人がいるとして。

その人は今、何をしているのか??? 

走っているのか、歩いているのか、
立ち止まっているのか、座っているのか、

パソコンのキーボード、めっちゃ強く叩いているのか、
ゆっくりゆっくり操作しているのか、

何かを書いているのか、
窓の外を眺めているのか、

お腹をさすっているのか、
貧乏ゆすりをしているのか、
ペンをトントンと軽く机に叩き続けているのか、

スマホでゲームしているのか、
誰かとLINEしているのか、

眉間にしわがよっているのか、
への字口になっているのか、

笑っているのか、真顔なのか、怒っているのか…。

 

いろいろいろいろ。 観察してから。

 

今、話しかけても大丈夫なのか???

イラつかれない?
迷惑がられない?
話、ちゃんと聞いてもらえそう??


いや、今はやめとこう。

おお!今こそ、GOサインだ!!

 

って判断したら。

その方が、相手をびっくりさせることも、不快にさせることも、少ないんじゃないでしょうか… 
コミュニケーションのずれが少ないのではないでしょうか…。
空回りが減って、人間関係、うまくいなかい…といった悩みも減るのではないでしょうか…。

 

 

ワンコは教えてくれました。

お前、自分勝手にするなワン!!と。

 

35年の時を経て、私はあの時のワンコのメッセージをキャッチしました。
ありがとうワンコ。 まだまだ自分勝手になっちゃう私だけど、精進していくワンワン!

 

自分なりに一生懸命やっているのに、なぜだか評価されない。誤解される。嫌われる。から回ってる…。

そんなあなたは、もしかしたら「観察する」ことが、大切なのかもしれません。

具体的にどうするの? どうしたらいいの? という方は、私と一緒にやっていきましょうだワン!

 

Hits: 28

タイトルとURLをコピーしました