”あの人は苦手”って決めつけているだけかも

スポンサーリンク

いきなり犬の話をしますけど、じゃあ何の話なら「いきなり」と言わないの?・・・なんて聞かれたら、うむむ…と考えこんだままどこかに消えてしまいそうなわたしです。

まあとにかく犬の話から始めさせていただきます。



わたしが小学生の頃は、家の外に犬小屋があって、外で犬を飼っているのが普通だったんですよね。
鎖につながれた犬をあちこちで見かけました。
うちで飼っていたワンコもやっぱり家の外に犬小屋があって、そこで暮らしていました。

そんなわけで、わたしの家にも近所にも、そこかしこに家の外に犬がいましたね。 そして小動物が好きだったので、犬がいたらすかさず撫でるという行為がわたしの当たり前になっていました。 

ある登山家が「そこに山があるから登るんだ」とおっしゃったそうですが、それと同じようなものです。わたしにとってのワンコは「そこに犬がいるから撫でるんだ。」です。名言になりますか?

 

小学校1、2年だったと思いますが、学校からの帰り道に、いつものように近所のワンコが外にいました。 犬小屋から出て眠っていました。気持ちよさそうな顔で眠っていました。
犬種は、このような↓日本犬です。

かわいいですね。 で、可愛いなあと思いながらいつものように撫でようとして、ワンコのお腹あたりに手を伸ばしました。

 

 

 

 

そうしたら…。


ガブリ!!と思いっきり手をかまれたんですよね。





すっごい痛かったのは言うまでもないですね。

今まで犬に噛まれたことがなかったので、非常にショックを受けました。

それからというもの、日本犬が怖くなってしまったんですねえ。日本犬だけが、怖いんです。うちで飼っていたのは洋犬でちっこい犬でした。洋犬はかわいいまんまで怖くない。
この一見以来、日本犬には触らない・・・むしろ、避けるようになりました。


それから高校生になり。
友達の家で飼っていたワンコが、めちゃめちゃ吠えてくる犬だったんですが、日本犬でして。 めちゃめちゃ吠えるんで、もう怖いったらありゃしない。体も大きくて。

友達の家に行くたびにすごい吠えられるんです。わたしだけが。
他の友達が一緒にいても、なぜかわたしにだけ吠えまくるんですよ。 まったくかわいくないですねえ。


友達は『こらー吠えちゃダメでしょ!』なんて言ってますけどね。のんきな飼い主ですよ。こっちは命の危険を感じてるっちゅうねん。もっときちんと躾せんかっちゅうねん。


まあ、そういうわけで、わたしは犬は好きだけど、日本犬だけは苦手でずっと生きてきたのですが…。

近頃、散歩をしているワンコとか、テレビに映るワンコを見ていて、『日本犬も可愛いなあ』って思うようになったんです。あの鼻先のとんがった感じ…。頭のよさそうな佇まい。何とも言えない可愛さです。



日本犬も、悪くない・・・っていうか、めちゃめちゃ可愛いじゃん!!
そう思い始めたときに、最初に書いた手をガブリと噛まれたことを思い出しました。

あの時は、日本犬は怖い性格だから、手を噛んだんだって思いました。
でも、多分、寝ているワンコに手を出したから、噛んだんじゃん? 
お腹を触ろうとしていたんです。 そりゃあ、飼い主でもないどこの馬の骨だか分からんちびっこの手が伸びてきたら、ガブリとするよなあ…。身の危険を感じたんだよね、きっと。

ちびっこのわたしは、なぜ噛まれたのか分からないままに、ただ怖くて、ああいう風貌の犬は怖い、噛む、と思い込んでしまったのでした。 
違うなあ。 違ったなあ。 単純に、寝ているところににゅっと手を出したからだよなあ…。 日本犬だからじゃないなあ。洋犬だって、そんなことされたら噛むだろうなあ…。


友達の家のワンコも、日本犬だからわたしに吠えまくっていたんじゃないよなあ。
わたしが日本犬は怖いと思い込んでビクビクして距離をとっているから、怪しい人だと吠えていたんじゃないか…。 現に、わたしにばっかり吠えてきてたわけだし。 挙動不審だから、泥棒と間違われていたんじゃないのか…。

番犬としての役目を果たそうと必死に吠えて、退治しようとしていたんじゃないの…?
泥棒をやっつけて、飼い主に褒めてもらおうと必死だったんじゃないの?


そうかもなあ…。だとしたら、盛大な勘違いをしたままに、ここまできてしまったぞ…。



そんなことを考えていたら、ますます散歩している日本犬やテレビに出ている日本犬が、かわいくなってきました。

 

ここから、間の話になりますが。こういうことって、人同士でもあるなあーって思ったんです。 

『〇〇な人は苦手』って決めつけていること…ないですか?

何度も顔を合わせて、何度も会話もして、そのうえで「この人苦手」って思うんじゃなくって、そんなに知らないのに苦手だなって感じる人。 服装やメイクが派手とか、大企業に勤めているエリートだと分かった途端に…とか、超お金持ちだった…とか。 
元気がいい人は自分とは合わない合わないって、決めつけている・・・とか。


わたしは、「この人、メイク派手だわー!真っ赤なミニのワンピース着てる!苦手!無理!」ってビビビっときたら、それ以上近づかない…なんてことを、わたしはしていました。
派手とか、元気がいいとか・・・それだけで苦手なタイプだと決めつけて、近寄らないようにして、心のシャッターもしめてしまうのです。


ちなみに、ビビビと言えば、ビビビ婚をした聖子ちゃんのことが思い出されますが、今はビビビ婚の話をしているわけじゃないので、本当はもっとビビビ婚の話を書きたいところですが、ビビビトークはここまでにします。



これからは、日本犬=怖い、ではないように、〇〇な人=苦手、じゃなくて、その人自身をきちんと知ろうと判断しようって、思いました。

よく知らないのに苦手だと決めつけたら、深く関わろうとしないので、それ以上関係が深まることはないけれど、知ろうとしたら思いのほか話があって、仲良くなれるかもしれません。
相手が異性だったらそれこそ、ビビビ婚的なことにも発展するかもしれません!

これからは、苦手だわ!ってすぐ決めつけそうになったら、「ビビビ婚になるかもしれないんだから決めつけたらダメよ!」 と自分に言ってあげようと思います。 

同性だったら…なんて自分に言ってあげようかな…。しばらく考えます。
何はともあれ、自分の思い込みに気付くって大切だなあと、日本犬の一件から、感じたのでした。

コメント