アウェイな場所も少しずつホームになっていく

私は知らない場所で、知らない人と関わるのが苦手です。アウェイを感じて居心地が悪いったらありゃしない。

でもコロナ禍で、仕事での研修も、飲み会も、学校の参観日も、地域の集まりも、何もかもがなくなったので、アウェイを感じる場面というものがめっきり減っていました。

そんな中で久しぶりに…今年の2月でした。こんな出来事がありました↓

アウェイな場所で疎外感。こんな私が嫌いです
久しぶりに”アウェイ”を感じながら、2時間近くを過ごしました。今はコロナ自粛で、アウェイな場所に行くことなど滅多にありませんので、「おお、この感じ、久しぶりだ…」と思いましたよね。メインチームの会議に参加アウェイと言っても、社内...

あれから4ヶ月。こんなに早く、再びアウェイな場に加わるとは思ってませんでした。
またしても、他部署方々との会議です。

その日程を知らされたとき、前回のアウェイ体験を思い出し、うへえ…またかよ…。アウェイまたかあ、アウェイ再び!再びのアウェイ!アウェイやだな…。 

と、頭の中でアウェイアウェイ、とぼやきながら、会議当日を迎えました。やっぱり、緊張しています。

ところが、です。

いざ会議が始まってみると、前回よりも緊張感が薄い自分に気付きました。
アウェイ感が若干、薄らいでいる…!

そうか、アウェイって、場所にも人にも慣れていない時に感じるものだんね。 一度会議をしたから、まったく知らない人ではなくなったから、緊張が緩んだのかしら…?!

スポンサーリンク

周りを観察してみたら…

前回、キャッキャキャッキャとテンション高く、陽気に笑っていた女性社員のお二人がいたのですが、今回は、2人のうち1人が、キャッキャキャッキャとしていませんでした。

・・・無言です。
部長が陽気に何かを発言しても、のってきません。

 

おや・・・? キャッキャキャッキャしてないじゃん。 この間とかなり違くない? 別人じゃないよね…? え…このギャップは何?!  今日は機嫌がお悪いの…?

まあ、でも、2人でキャッキャしているよりも、私は今の方が居心地が良いなア…。

 

さらに、私の真横にいる男性は、途中から明らかに居眠りをはじめました。

寝息!! モロ、寝息!! 寝息、すご!! 
気になる!!気になりすぎる!! ちょっと! そんな堂々と寝ちゃって!!
あーた、上司からの評価下がるよ?!いいの?!あんた、給料アップとかどうでもよろしいの?!
そうか、家なき子の逆か?! 「同情するなら金をくれ!」の逆バージョンか?
「金くれるなら、同情してくれ!!」 っていう方? そっちの方なのか?! そちら寄りか?!
こんなに疲れ果てている俺に同情してくれ!金はいらん!! …ですか?? なのですか???

 

いやはや、どうしたらそんなに堂々と眠れるのだろうか…。
爪の垢を煎じて飲みたい…いや、飲みたくない。飲みたくないが、周りの目を気にしないで眠れるなんてすごすぎる。

 

前回と比べて0.0001%でも良くなったなら

会議が終わって、分かったことがあります。

1回目も2回目も、アウェイ感があったのは確かだし、自分だけ浮いている感じがしたのも確か。

 

でも、その中でも、2回目の方がちょっとマシ という自分の中のちょっと良い変化を見つけている自分がいました。
これって、すごく大切なことなんじゃないの、もしかして!って思ったのです。

 

過去の私は、例えば子どもの学校の参観日に行くたびに、毎度毎度、一人だけポツンとしている自分、誰とも話をしない浮いている自分が辛くて、居心地が悪くて、内心とても寂しかったのですが。

あの時は、「その時の辛い事・嫌な事」だけを見ていたんです。 

 

でも、あの頃も、きっと参観日の回数を重ねるごとに、学校に慣れていたはずなのです。

本当はもしかしたら、第一回目の参観日の自分と、第二回目、第三回目の時の自分とを比べたら、ほんの僅かかもしれないけど、緊張感が薄らいでいたり、周りを見渡せる余裕が出来ていたり…していたかもしれないのです。

そういう良い変化を喜ぶことがまったく出来なかったから、”いつまでたってもアウェイ” だったような気がします。今になってみると。

 

アウェイ感パーセンテージが、1回目は100%でも、 今回は、99.999% であったなら「やったね、わたし!!」 って…まあ、喜ぶまではいかなくても、「よしよし!これで良いのだよ!」と自分に言ってあげること。
これがすごい大切なんだと分かりました。

 

 

いやいや! たったの0.001%じゃん?! って思いたくなるけど、そこをぐっとこらえるんです。

たったの0.001% なんてゼロと同じだ。 そう考えてはいけませんのです。

0.001%が、10回で 0.1% になり、 100回で1%になるのです。でも、0って思ったら、次も0で、その次も0で、ずーっと0なんです。

このどっちを取るか…。長い目でみたら、すんごい大きい差になるんですよね~…。

 

共に見つけて、共に喜びたい

苦手なこと、苦手な場所、苦手な人。それがあることは、全然ダメじゃないです。

どこもかしこもウエルカム!!なんて人間になろうとしなくて良いんです。

ただ、この間と今回、0.00001%でも良いから、何か自分の中で変わったところは、あったかなア…? って探してみて、見つかったら「私、よし!」って、自分にいいね!を押してあげるんです

「このくらいじゃだめだ」じゃなくて、「こんなことは、私以外のみんな出来ているし。」じゃなくて。
「前よりほんのちょっとアウェイ感が薄らいでる自分」に、いいね! です。

 

 

とは言ってもね…。 きっと、逆立ちしたって、自分にいいね!なんて思えないわ!って、思っちゃう方もいるでしょうね。
ええ、そうなんです。そうなんですよ。わかります。自分のことはひとつも認められないっていう状況。ダメなところしか見えないっていう状況。

 

だから私は、この仕事をしています。自分だけじゃ、自分の良さを発見することが難しいから。それは本当、よく分かります。
私も一緒に、あなたの良さを見つけたい。伝えたい。そうして共に喜びたい。 それが、次の一歩を踏み出す勇気になるって、私は信じているのです。

アウェイだアウェイだと言いながら、一緒に踏み出しませんか。前に一歩…をね!

 

Hits: 28

タイトルとURLをコピーしました