沈黙が苦手…かと言って話題が思い浮かばない

どうも私は、誰かと二人きりになったときに、沈黙になるのが嫌で「何か話をしなくちゃ」と、内心あたふたしている事が多いんですよね。沈黙の時間がなんとも気まずいのです…。

 

気軽に話ができる方が相手なら良いのですが、そうでない場合はね…親しくないけど、見ず知らずの人じゃない…といった場合、ほんと、話題が出てこないんですよ。でも、「何か話をしなくちゃ」って思うから、居心地悪いったらないですよ。 

 

でも、この間ふと思ったのです。

 

”沈黙が気まずい”のは、相手も同じなのかな…??

 

私が、気まずさを感じているからといって、相手も同じとは限らないんですよねえ。
気まずいのは私だけで、もしかして、相手は沈黙を何とも思ってない可能性もあるじゃん…!!

今まで、自分の”気まずさ”にばかりフォーカスしていて、相手はどう感じているのかを、考えたことがなかったよ…!

もし、相手が、沈黙を何とも思っていなかったとしたら…?

 

私は・・・

 

私は・・・

 

 

すっごい、気が楽だよおーー

 

 

スポンサーリンク

相手は沈黙を気にしていない説

ある日、試してみました。

相手は沈黙を気にしていない説 を…!

 

職場にて。話しかけなくちゃ、をやめてみたんです。さほど話題が見つからない同僚と二人きりになったとき…。いつもみたいに、そわそわし始めた私自身に言います。

「相手は何とも思ってないかもしれないよ…?!」

 

「そうだった! 話題をさがすの、やめよう…!」

 

そうして、しばらく沈黙が続き…。推定、3分経過。

 

沈黙のまま、2人きりの時間が過ぎました…。

 

その後の私の感想。

 

やはり、相手は、沈黙になっても私ほど気にしていないのかも…!?

 

うむ。

やっぱり、気楽だぞ・・・!

 

沈黙耐性がなかった

以降、自分から話しかけなくちゃ…!とそわそわしはじめたら、そんな自分を諫めるようにしました。

意識するほど感じるようになったのは「他人と私は、違うんだよね。」ということです。


今まではほんと、自分は気まずいなら、相手も気まずいだろう…みたいな思い込みがあって、自分がどうにかしなきゃ…!というお節介もまた顔を出していたかな。そわそわそわそわ、落ち着かなかったのですが…。

 

 

気にしてないかもしれないし、気にしているかもしれないが、何はともあれ、他人と私は違うんだから、考えていることは分からない。
無理にどうこうしようとしなくても良いんだなあ、と思えました。

 

沈黙のまま時間が過ぎるときもあれば、相手から話しかけてくれることもあり、私も話したいことが自然に浮かんで、話しかける事もあるし…。 

こっちの方が自然体でいいわ、と思うこの頃です。

 

沈黙=いけないこと、という思い込みがそもそも、間違いですね。いけない、ダメだ!って思い込んでいるから、どうにかして変えようとか、逃げようとかして、今まで沈黙耐性がつかなかったんじゃないかしら…。

ちなみに、”沈黙耐性” ということば、今ふと脳内に浮かんできたのですが、なかなか良い四字熟語ですね。四字熟語辞典に載っていても良いですし、国語のテストで 沈黙□□ という問題が出てきたなら、良い問題だね!!と作問者にナイス!と肩をたたきます。 何目線やねん?と思われながら、グッジョブ!します。


THE・沈黙耐性  っていう映画も、良いですね! タイトル通り、サイレントホラーです。

 

 

 

 

 

そんな沈黙耐性。

それが沈黙耐性。

 

沈黙に

振り回される

こと なかれけり

 

 

そんなこんなで、沈黙にはじまり、沈黙に終わる今回の記事ですが、沈黙沈黙言い過ぎてワケワカメになってきましたので、この辺でおしまいにします。


沈黙が苦手、かといって話題も浮かばないし…そんなあなたもぜひ、相手は沈黙を気にしていない説 を検証してみてください。 沈黙耐性、アップするかもしれません~グッジョブ♪

Hits: 4

タイトルとURLをコピーしました