ころころと意見が変わる人にイライラします

 

ころころと意見が変わる人、あなたの周りに居ませんか?


「居ません!」って言われちゃうと、ここで話が終わってしまうんですけど、「うん、居る居る!!」と、前のめりでノリノリな感じに言ってもらえると、「ですよねー!!!」ってわたしもノリノリな感じで話を続けることができるんですね。 なので、そんなノリノリな感じのテイでお願いします。 そのつもりのテイでいてください。

 

 

ところで、”テイ”って、どういう漢字を書くんですかね?

 

 

体? 程? 亭? 帝? 底?

わたしのイチオシは「亭」です。亭の文字を見て、らーめん屋さんが浮かぶのはわたしだけでしょうか。 



なーんてことを言ってる暇があるなら、辞書で漢字を調べたらいいのに・・・って思う人もいるかもしれませんが、それは、わたしが一番思っています。 

 

・・・というわけで、今日はころころと意見が変わる人にイラっとするっていう話を書こうと思います。

職場に、いるんですよね。昨日はダメって言ってたのに、今日になったらOKに変わっているなんてことがよくある人。

昨日と言ってること真逆!ってびっくりするんですけど、本人は至って平然とした顔をしてるんですよね。 「ん?どうかした?」ってな顔です。

場合によっては、ほんの10秒前に言ってたことと、真逆のことを言い出すこともありますね。
その時はさすがに「この人、頭おかしいんかな?」って疑っちゃいました。わずか10秒の間に何が起きたんや…この人の脳内でどんな処理が行われたんや…。しかもやっぱり、平然とした顔をしてるよね…。

わたしが理解できかったのは、コロコロと言うことが変わることに対して、まったくもって悪びれてないことです。やると言ったことを、翌日にやらなくていいと言われたら、そのために取り掛かっていた仕事しなくて良かったんかい!なんやねん!ってなるんですよ、こっちは。


でも、ご本人は…コロコロさんは…その辺まったく気にしてない。それにイライラするんですよね。 少しは申し訳なさそうにしてくんない?!って思うんです。

自分に関係がなければ、1秒後に意見が変わったって別にいいんですよ。お好きにしてくださいませです。でもそういうわけにいかないから、やんなっちゃうよね、まったくさあ!

 

 

…っていうのが、今までだったんですが。



最近はコロコロさんにイラっとしないんですよね。 なんでかって、コロコロさんは、コロコロと意見が変わること=悪いこと、だってまったく思っていなんだな、って分かったからです。納得する出来事があったんです。

 

悪びれてないコロコロさん

 

好きな色は何色かっていう、小学生の会話みたいな話をしてたときがあったんですね。で、その人が「好きな色は白」って言ってたんですね。
その理由がですね、”どんな色にも染まるから” って言ってたんです。


何色にも染まるから、っていう理由を聞いて、ハッとしました。 なるほどそういうことかーと。 
自分の言う事が変わるっていうのも、違う色に染まること、だよね。

そっかあー!! 違う色に染まる自分が好きなんだ!だから悪びれずにコロコロ意見が変わるんだ!
さすがコロコロさんだよ。だてにコロコロしてないですよ。 コロコロさんはコロコロが好きなんだって!! コロコロを愛しているんだよ! 

 

それからは、コロコロさんはそういう人なんだ、って思えるようになって、コロコロされてもイライラしなくなりました。

前は「今はAって言ってるけど、明日はBって言いだすかもしれないぞ…またそうなったらやだわー!腹立つわー!!」って思いながら話をしていたところがあったけど、


今は「Aって言ってるけど、明日にはBって言いだすかもしれないぞ…そうなることを予想して、仕事の段取りを考えるか…」って感じになりました。
で、実際に翌日にBって言ったら「ああ、やっぱりね!まあ、そうなると予想してましたよ。だてにコロコロしてないさ!やっぱりコロコロさんはコロコロさんだよ!」 と思えるようになりました。

 

それから、わたし自身が、コロコロと意見を変えてはいけない!!! って、コロコロ禁止令を自分に課していたことにも気が付きました。

でも、人の考えとか気持ちって、ずっと変わらないなんてことないですよね。
たとえそれが、10秒後であっても、意見が変わったらいけない、なんて決まりはないんですよね。自分が決め込んで、ルールにしているだけで…。 


好きな色が白、なコロコロさん。 あなたは柔軟な思考の持ち主なんだわ…。
わたしの方がガチガチ頭の頑固ジジイなのかも。 わたしもコロコロさんに見習うところもあるなあ。コロコロさん、勉強させていただきました!

 

あとは、ちゃんと言うってことも大事だなって思うようにもなりました。
コロコロと意見が変わることに、心の中で文句を言ってるだけだから、どんどんムカつき度があがっていってしまうんですよね。
言わずに我慢して、結果、相手を大っ嫌いになるっていうのが、わたしの昔っからのパターン。


なにも「おい!このコロコロ野郎め!」なんて暴言を吐かなくたって良いんですよね。

「コロコロ野郎? なにそれ?コロコロコミックに出てくる主人公?コロコロコミックは読んでないよ?」なんてのんびりと答えてくれる可能性は限りなくゼロに近いよね。っていうかゼロだよ。

暴言吐く必要はなくて、っていうかそんなこと言えるわけない。言えないから我慢に我慢を重ねてしまうんだからさ。

でも、事実を述べる、だけなら言えるんですよ。

「昨日はAとおっしゃったので、もう〇〇を進めてます。」って、それだけなら言えるし。
コロコロはやめろ!迷惑やねん!って言わなくても、仕事を進めてしまっているよ、という事実を伝えるだけで こっちもちょいと気が晴れるし、コロコロさんだってちょっとは反省して気を付けてくれるかもしれないし。 

気を付けてくれなくても、自分の気が晴れれば、不満をためこまないで済むから。相手との接し方も感情も全然違うと思います。


 

まとめると・・・

・相手はコロコロと意見を変えることが悪い事だと思ってない。むしろ、自分がコロコロと意見を変えてはいけない!ってしっかり決め込んでいる可能性あり。

・コロコロと意見が変わる人だ、そういう人なんだ、ということを常に頭に入れて話をする。
 その前提で仕事の段取りを考える。 プライベートなら、その前提で付き合い方を考える。


・コロコロと意見が変わることで困ることがあるなら、どういう状況なのか事実を伝える。コロコロ変わりやがって!とブチ切れて関係を絶つ前に、伝えることを心掛ける。


・心の中で「コロコロさん」と呼んでいても、本人に「コロコロさん!」って呼びかけないように気を付ける。 
もしも「コロコロさん!」って呼びかけてしまったら「コロコロさん・・・コロコロ3月号、読みました?!」って言い直す。
めっちゃ不自然だけどそこはがんばる。コロコロコミック3月号の話を貫きとおす。がんばる。

 

ってとこですかね!

 

あなたが人付き合いでイライラをため込まないために、何ができるか。どうしていけばいいか。
こちら↓で一緒に考えていきませんか?

 

人付き合いが楽になるセミナーin東京 開校のご案内

人とうまく付き合えない、人付き合いが疲れる…。
今のあなたにできることをこのセミナーで見つけて実践していきましょう!

日時:前編:2020年2月22日(土) 
   後編:2020年3月8日(土)
   どちらも10時~15時30分(途中休憩あり)

※お申込み開始は2019年12月12日(木)です!

コメント