遠慮しがちな人同士、気を遣い合うとこうなる

スポンサーリンク

夏も終わりが近づいてきましたね…。冷房を入れなくても平気な日も出てきました。

…が、エアコンが必要なくらい暑い or エアコンをつけると寒い の感じ方は人それぞれ違いますよねえ。 多くの人が集まる職場では、自分は寒くても、隣の人は暑い暑いと言っている…なんてこともあります。言いたいことが言えないとか、人に合わせてしまう”ザ・気遣い屋さん”は、他の人はどう感じているんだろうか…と部屋の温度にも気を遣いませんか?

 

スポンサーリンク

暑い OR 暑くない?

その日はまるで梅雨のようにじめじめとした日でした。気温はさほど高くないけど、湿度が高くて、ちょっと動くとじとーっと汗ばんできます。 
午後、8畳くらいの部屋で、一人で事務作業をしていた私。エアコンはつけず、窓を開けて作業をしていました。 一人でじっとしている分には、冷房が必要なほどではありません。

そこに、Aさんがやってきました。

Aさんは、私よりも10歳くらい若いのですが、だいぶ前からここで働いていて、私の先輩です。 しかしAさんはとても遠慮がちな方で、先輩風を吹かすことは一切なく、いつも周りに気を遣っています。 怒る事もまったくなくて、穏やかで、優しい人です。平和主義者だとご自身で言っていました。

 

すごく周りに気を遣っているAさんなので、気苦労も多いだろうなあ…と感じます。
なので、Aさんと一緒にいるときは、これ以上気を遣わせないようにしよう、という気持ちになります。

そんなAさんが部屋に入ってきたので、すぐに「この部屋の温度、大丈夫かなあ?」と思いました。

私の印象では、Aさんは寒がりです。冷房が効いている部屋にいると、パーカーを着たり、ひざ掛けを使っていることが多いし、真夏でも温かいお茶を飲んでいます。暑がりの私からしたら、真夏にあっついお茶を飲むのは苦行以外の何ものでもありませんけども、Aさんは涼しい顔をして、あっついお茶を飲んでいます。

これまで、Aさんと二人きりになった時に、「寒かったらエアコンを切ってください」とか「この部屋、暑い?」などと聞くと、「このままで大丈夫ですよ」とか「美月さん、どうですか?」と、結局私に気を遣ってくれます。
私も人に遠慮しがちですが、Aさんはさらに上をいっています。

今回も、きっと聞いても私に合わせてくれるだろうな…と、聞くのを躊躇いました。

結局、暑がりの私が、冷房をつけずに居られるのだから、Aさんも冷房がついていたら寒いだろうな。このままで良いだろうな…と、ご本人には聞かないまま、しばらく仕事を続けていました。

 

昼下がり、気温が一番高くなる時間帯。一人ではなくて、二人が部屋にいる状態。
明らかに、一人でいたときよりも、暑い…。

蒸し蒸しレベルが増しています。 蒸しパンが作れそうな蒸し暑さ。

 

Aさん、暑くないだろうか…?

私は、作業をしながらAさんをチラ見しました。でも、暑がっているようには見えません。クールな表情をしています。

 

そういえばAさん、自分の部屋にエアコンがなくて、猛暑でも冷房をつけずに部屋で寝ているって言ってたなあ…。やっぱり、暑いのが平気なんだわ。 
痩せているし、ヨガ教室に通っているって言ってたし、エアコン自体、好きじゃないのかもしれないわ。健康志向なんだわきっと…!

あれこれ妄想しつつ、暑さに我慢する私。

暑い… いや、我慢。

暑い… いや、我慢。

 

…やっぱり、暑い!! 無理! わたしが蒸しパンになっちまう!!

 

エアコン、つけていいかな…。

高めの温度設定にすればいいかな…。

冷房をつけていいか聞けば、きっと「良いですよ」って言ってくれるAさん。でも、本心は?本当はどうなの??分からない…!

 

 

しばし迷った末、聞くことにしました。

 

私
 

Aさん、暑くない?

Aさん
Aさん

暑いですね。今、汗で背中がびしょびしょです!


暑かったんかい。

 

暑かったんかい。

 

暑かったんかーーーい!

 

Aさんは私に遠慮していました。私もまたAさんに遠慮していました。お互いに、遠慮し合って、お互いに、汗をびっしょりかいていたのです。互いに蒸しパン寸前やったんかい!

 

そっこうで冷房を入れました。あー涼しい…。 

 

私
 

Aさん、エアコンつけると寒いかなと思って、遠慮してたよー。

Aさん
Aさん

めっちゃ暑かったです!

めっちゃ暑かったんだね…あはは…。あはははは…。

今回学んだこと

これからは、相手の反応がどうであろうと、毎回、言葉できちんと確認しようと思いました。言葉でちゃんとコミュニケーションを取ろうっていう意識がなかったがために、ただただ我慢して、妄想して、あとちょっとで蒸しパンになってしまうところでした。アブナイアブナイ。

相手に確認しないのは、聞くのが面倒っていう、ナマケモノ精神だと思いました。聞くよりも聞かない方が楽だし、今までずっとそうやってきたからね…。でも、楽なようでいて、実は、頭の中では妄想ばっかりしているから、気持ちはぐったりと疲れているんですよねー…。このぐったり感、人に気を遣いまくり、ああだろうか?こうだろうか?と頭の中でぐるぐると妄想してしまう人の”あるある”ではないでしょうか。

これからは、はてな?と思うことがあったら、きちんと声に出して確認することを怠らないように!うだうだしない、分かりやすいコミュニケーションを意識しよう!

…というのが、今回学んだことであります。

コメント