疲れる、孤立する…人見知りさんの忘年会の過ごし方

忘年会シーズンですね…。 「わーい♪忘年会だー楽しみだなーるんるん♪」 ってウキウキわくわくしながら忘年会を今か今かと待ってる人って…一体、どのくらいいるんですか?

まあ、友達同士の忘年会ならね…ウキウキわくわくですかね。
でも職場の忘年会だったらどうですか?人見知りなあなた、どうですか?

 

あーめんどくさい!行きたくない!!

 

ってのが本音じゃないですか?  

 

忘年会に行きたくない理由


わたしは今までずっと、忘年会なんてなくなってしまえ!!!と心の中で毒を吐きながら、でも行かないわけにはいかないので、不満たらたらで参加していましたよ。

忘年会に行きたくない理由は大きくふたつあります。
ひとつめは、気を遣うってことです。


社長だの部長だの、普段関わりのないお偉いさんも出席しているわけですから、その時点で緊張します。
しかも、まー偉そうな雰囲気を全面に押し出しててさ(こら失礼)、
話しかけていいんだかダメなんだかも分からないしさ、話し掛けたら機嫌悪くなりそうだしさ(だから失礼だって)、お酒の種類によっては、お酌しなきゃいけないじゃん。

お酌のタイミングって、ぼーっとしてらんないんですよね。お猪口が空っぽなのに気づかないのは絶対NGやないですかー。ご本人が手酌で・・・なんてことになったらわたし、打ち首獄門の刑でしょ? 


お酌のタイミングを間違わないようにと気を遣ってるとさ、今度は会話ができないんですよ。どんだけ不器用なんすか、わたし。
ただでさえ話題見つからないのに、もっと話題が出てこなくなるやんか。IKKOさん、わたしどんだけですか? ど・ん・だ・けー???

っていうかさー社長さんよお。こちとらお猪口ばっかりガン見しちゃうんだよ?
わかってる?この緊張感。分かってないっしょ??

だから頼まないでほしいって話。お酌しなきゃいけない系の飲み物は頼まないでっ!
グラスにして! グラスオンリー。グラスオンリーユー。 お願いだからさシャチョーサン!

そのくらい気を遣ってくれよって話。こっちはめっちゃ気を遣ってるんだから、そのくらいの気遣いを見せろって話。気遣いを見せてみろやーーー!!(何様だい)


ってことで、うんと気を遣い、緊張して疲れるっていうのがひとつです。

 

 

もうひとつは、孤立する ってこと。

自分だけポツーン…ってなっちゃうのが、すごい辛い。 
自分以外の人は、楽しそうにしている。話が盛り上がっている。それなのに、自分だけが、会話に入れていない…。 ああ、居たたまれない。

周りの人は自分のことをどう思っているんだろう。「あらーぼっちでかわいそー」って同情されているのかな。それともそれとも「あーあの人、大人しくてつまらないもんね」ってディスられてるのかな…。 ああ、人の目が気になる…。

 

それに、わたしの隣に座っているあなた。楽しくないでしょう?わたしの隣、盛り上がらないでしょう?  どうなのどうなの? ああ、何か話さなきゃ・・・ああ、何も浮かんでこない。ああああああーーーーー

あああーーーーーー帰りたいーーーーーーーー!!!!!

 

ってな状況になりそうだから、行きたくない。 っていうか、なったことある。今までなってきた。だから今回もなりそう。 ボッチになりたくない。ノーモアボッチ。



っていうのが二つ目です。

 







どうしたら 楽しめるかな 忘年会

忘年会に限らずですけど、しぶしぶ参加する飲み会で、「あー楽しかった!」なんて思えたこと、これまでなかったです。

行く前から、どうせ気を遣う、どうせ緊張する、どうせボッチになる、どうせつまらない・・って、「忘年会=苦痛」って決めつけていたし、どうしたら楽しめるんだろうなんて考えたこともなかったし。


実は、ついこの間、職場の忘年会があったんです。 行きたくない、憂鬱だ…ってすごく思っていたんですけどね。 今回ばかりはちょいと意識を変えてみようと思いました。 楽しめないのはそもそも楽しもうとしていないからだ、と。

行きたくないって100回思ってもどのみち行かなきゃいけないんだから、どうしたら楽しめるかを考えた方が良いじゃん!! 

 

ってことで、考えてみました。



うーーーーーん。

 

 

 

ううーーーーーーーん。

 

 

楽しむには・・・どうしたら・・・。



うううううううーーーーーーーーん。 

 

 




あ! 閃いた☆ 

 

 

これよ、これ♪


↓↓

 

 

素敵な男性と恋に落ちるかも♡って期待しちゃお♡

 

 

 

 

 

 

そうだそうだ、人生何があるかわからないじゃないか。飲み屋でたまたま近くの席にいたメンズと恋に落ちる可能性だってあるな!うん。よし。楽しみになってきた。 ワクワクしてきた!! 



楽しみに・・・

 

 

楽しみに・・・

 

 

 

 

楽し・・・・

 

 

やっぱ行きたくないよぉーーーーー(泣)

 

 

 

残念ながら、気分が上がったのは一瞬だけでした。 

恋に落ちるかも♡とワクワクした状態を維持するのはなかなかに難しいもんです。 「そんな出会い、あるもんか!けっ!」というもう一人の自分が、見事にワクワクを消し去ってくれます。 


仕方ない。 行きたくないという気持ちはそのままに、だけど今までと違うことにも意識を向けてみよう。そうだ、そうだ。忘年会の最中、周りの人のウォッチングをしてみよう!!

今までは、人の目を気にし過ぎて周りが見えていなかったんだ。自分がどう見られているかよりも、何を話せばいいのか…とおろおろするよりも、周りを見よう!

今回は、ウォッチングだ!

 

社長の隣でウォッチング

忘年会の席順はくじ引きでしたが、わたしは見事、社長の隣になりました。 
気を遣う特等席、ゲッツ!!(ダンディ坂野風に読んで)



特等席ゲッツ!!!で、今回もまた気を遣いまくり、話題が見つからず、居たたまれないポツンの会になるんかー…という暗い考えが頭をよぎります。

だがしかし!今回は、ウォッチングという役目があるんだ。そう、わたしはウォッチング大使なんだ。 ウォッチング大使は人の目を気にすることが役目じゃない! 酒を飲むことが役目じゃない!
社長のご機嫌をとることが役目じゃない! お酌をすることが役目じゃない! (お酌はしなさいよ)

ウォッチングして、周りの人をよくよく観察するのだよ!!それこそがウォッチング大使の使命!

 


大使よ!大志を抱け! 

大使だけにね☆ (やかましいわ)

 

 

 

ウォッチング開始

なんだなんだ、自分以外の人はみんな会話が弾んでいて、それなりに楽しんでいる…。なんてこともないんだな、ってことに気付きました。

 

Aさんは、一人で携帯をめっちゃ見てました。誰かとLINEをしているのか、ゲームしているのか…?めっちゃ素早い指の動き。 ボッチ?あなたはボッチなの? そんな露骨に携帯ばっか見てていいの?大丈夫?? 


そして、Aさんの周りをウォッチングすると…。
お酒が好きなグループがかたまっていました。 酔って騒いでいます。うるさいです。
Aさんはお酒が飲めません。  ああそうね、Aさんも辛いね…。

 

入社したてのBさん。周りをキョロキョロと見渡していますが、他の人と会話をしていません。
どうしよう…一人だ…って、ちょっとそわそわ。落ち着かない雰囲気が伝わってきます。 


ああ、わかる!!! わかるよ、Bさん!!!!!! 
「わかるよ!!」って今すぐ隣にかけつけたい。けれど、わたしの隣には社長がいるし、誰も席を移動していないわ!! 
ごめんやねんけど何もできへん! ごめんやねんけど!!! ごめんやで!!! 

 

 

Cさんは、何だか怒っているような…。への字口をしていて、表情がありません。目が死んでる・・・。 無表情でお酒をぐいぐい飲んでいます。

あらら??? どうかした???


ああそうか!隣に座っているDさんのこと、好きじゃないんだよね…。前からそう言ってたもんね…。楽しくないのかもね…。そうなんだね…。 

 

お酒や料理を運び、オーダーをとる店員さん。 忙しそうに動いています。 うーん。ちょっとキレ気味? 人手不足ですか?


他のお客さんは…。
笑っている人、真剣な顔をしている人。強い口調でなんか怒ってる人。周りのお客をジロジロ見てる人…。

 

 

 

そうなんだね…。

 

 

みんな…そっかあーーーー。

 

 

 

ウォッチングして分かったこと

忘年会に行きたくない、憂鬱だとそればかり考えていたときは、周りの人がどんな気持ちでいるのか、という事まで意識が向きませんでした。

でもウォッチングしたら、壁を作っている人、周りの目を気にしている人、不満そうな人、酔ってバカ騒ぎしている人…など、本当に人それぞれ、色々だなってことが分かりました。

 


ずっと、自分だけが浮いている、自分の隣になった人は楽しいって思っていない。他の人はみんなうまくやれている… そんな風に思い込んでいました。

実際はそうじゃない、自分だけじゃない。って思う自分もいるにはいるんです。 でも、でもどうしても、「自分だけ」っていうところから抜け出せないでいたのです。 

 

隣にいた社長にも、そうだった!とウォッチング大使という使命を思い出して、ウォッチングをしました。
すると、社長が興味ある話、興味ない話、ってのがなんとなく分かってきたんです。

興味があるのは料理の話っぽいぞ。 前のめりになって、ブワーーって早口でまくしたててる。食べてるもの口から飛ばしながら、話してる。うむ、夢中になってる。

でも、興味がないと…口数が減ってしまうんですねえ。 で、会話が途切れがち。
いったん話題が終わっちゃうと、次の話題になるまでのちょっとの沈黙がまた辛い…。

 

ああ、なるほどね。興味がある話のときに、質問とかたくさんすると良いんだな。 
そうすれば気持ちよく話してもらえて、会話も続くんだな。

これは飲みの席だけじゃなくても使えるぞ! 会話を続けるコツ、ちょっと掴んだかも♡
素敵な王子様はゲットできなかったけど…わたし、会話のコツはゲットしたわよ!(うまい!)

 

ウォッチング大使、あなたもどうですか?

忘年会が終わって…「あー、やっと終わったな…」というやれやれと安堵する気持ちと、みなさんお疲れ様でした、っていう気持ちと…。


つまらなかったとか、自分だけ浮いていたとか、どうしてわたしは話が下手なんだろう…とか、そういう嫌なことばかりを考えて終わらなかったのは、今までと違っていてすごく良かったなって思います。  それはやはりウォッチング大使をしたからでしょう!

長年、『楽しまないといけない。周りの人を楽しませなければいけない。でもそれが全然できていない』っていう理想と現実のギャップで自分を苦しめていたんだなってことにも気づかされました。

 

 

わたし
わたし

ウォッチング大使に任命されて…最初は荷が重いなって、自分にできるかなって…ドキドキしていたんですけど…。
でも、自分なりに精一杯できて…得られるものも多くて…。

今はウォッチング大使に任命されて良かったなって思っています。 本当にありがとうございました。 今後も精進しますね!
応援、よろしくお願いします!



 

(何を言ってるんだい?)

 

 

・・・ということで、忘年会がこれからで憂鬱な人見知りさん。
または忘年会は終わったけど、新年会があるんだよね…と、年明けの事を考えて今から憂鬱になっている引っ込み思案さん。

どうですか? ウォッチング大使、やってみませんか? 
他に意識が向けることで「つまらない、孤立する、憂うつだ…」という気持ちだけじゃなく、新しく気付く事、分かる事、違った気持ちを感じられるんじゃないかなと思います。

ちなみにウォッチングについては「人付き合いを楽にするセミナー」でもしっかりお伝えしています。ウォッチング大使任命中で実践中のわたくし、美月と一緒に、人付き合いの苦手レベルを下げていきませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました