仕事を急に休むのが怖い!罪悪感を軽くするには?

仕事を急に休まなきゃいけない時って、そりゃあもう当然、ありますよね。

体調が悪くて…。
子どもが熱を出してしまって…。
親を病院に連れて行くことになって…。
ペットがけがをして…。

仕方がないことなんです。
みんな、誰にだってあることなんです。
でも、仕方がないって分かっているんだけど、どうしても罪悪感を感じてしまうわけです。

「今日休みます」っていう連絡をしたところから、職場で今頃、自分の文句を言われているんじゃないか…って妄想がはじまるんですよ。

 

この忙しいときに休まれたらたまったもんじゃないわよ!まったく!



って、言われているんじゃないのかい?
ああ、休まなければよかったなあ…やっぱり少しの時間だけでも出勤しとくべきだったか…。 
午後から仕事に行こうかな…。


ああ、どうしようどうしよう。心配だ…とそわそわ落ち着かないったらありゃしない。

 

急に仕事を休むと やっぱり休まなきゃ良かったって後悔してしまうとです。

みんなから悪口を言われているような気がしてしまうとです。

罪悪感でいっぱいになるとです。

 


不安です。

 

心配です。

 

ヒロシです。



 

 

えーっと…。

なんでヒロシさん?って思った方もいるかもしれませんが、わたしも今「なんでヒロシさん?」って思いながら、イラストを描いていました。
しかも、笑えるポイントがないですね。ヒロシですって、いきなり登場させられちゃったヒロシさんこそ、いい迷惑ですよね。 でもせっかく描いたから消したくないんです。いい迷惑でしょうけど、ヒロシさん、ごめんなさい。

 

罪悪感があろうとなかろうと、仕事を休むことに変わりがないのですから、罪悪感を持たずに休めたらどんなに良いか…。ねえ。

罪悪感を感じたらすること

こちら↓の記事にも書いたんですけど、わたし自身、急に休まなきゃいけないときは、文句を言われてしまうんじゃないか…責められるんじゃないか…って罪悪感を持つことが多かったんです。

仕事を急に休むと感じる罪悪感
家族が体調悪くて…自分が熱出して…すみませんけど今日は仕事休みます。そう連絡をした後に待っているのは、あの人達から休んだことの悪口を言われているんじゃないかっていう妄想です。妄想だって分かっているのに止められません。

 

今までは「罪悪感を感じないようにしたい」と思っていたなあって、この間気が付きました。 
罪悪感を感じていることがイケナイことだって思っていて、罪悪感を感じてしまう自分のことを責めていたんです。

多分、この記事を読んでくださってる方の中には、仕事を急に休んだときに罪悪感を感じる自分自身を嫌だなあとかダメだなあって思っている方もけっこういらっしゃるのではないでしょうか。

さっき、「なんで急にヒロシさんが?」って疑問を持った方以上に、たくさんいらっしゃるんじゃないでしょうか。



でも、意識して感じてるわけじゃなくて、勝手に感じてしまう…それが罪悪感です。
だから、罪悪感を感じない自分になりたい、っていうのは、ちょっと違うし無理があるなあと思いました。

 

なので、どうするかっていうと、罪悪感を感じている自分に「悪いなあ、申し訳ないなあって思っているんだよね」「文句言われるのが怖いんだよね」って、まずはよねよね大作戦をします。


※よねよね大作戦↓

【脱・ぐるぐる思考】浮かない気分を軽くしよう
憂鬱なこと、嫌な事、緊張する事、不安な事などがあって気分が浮かないとき、どうやってその気分を解消していますか?ぐるぐると同じことを考え続けてしまう方に、浮かない気分を軽くするための方法をご紹介します。

 

よねよねと自分に言ってあげると少し気持ちが落ち着きます。

でもそこからも、事あるごとに「休んで良かったのかな…」って気になって、罪悪感がむくむくと顔を出すんですけど、そのたびによねよね大作戦です。


で、休暇が明けたらやることがあります。
それは、自分が休んだことで仕事の負担が増えてしまった方々に対して、休暇が明けたら開口一番、「お休みいただき、ありがとうございました。おかげ様で〇〇になりました。(体調が良くなりました、とか子どもが今日から登校できました、とか。)」って、心を込めてお礼を伝えることです。

 

「休んでしまって、すみませんでした」で話を終わらせてしまうと、そのあとも「陰で悪口言われているんじゃないか、本当はむかついてるんじゃないか、信用されなくなったんじゃないか…」なんていう妄想が続くんですけど、

「ありがとうございました」と感謝の気持ちを伝えられると、こういった妄想はあまり出てこないなって思うんです。 もし悪口を言われていたとしても、それはそれで仕方がないし、考えたってしょうがないよねって自然と思えてくるんです。

相手の立場に立ってみても、「すみませんでした」だけよりも、「ありがとうございました」って言ってもらえた方が気分が良いと思います。


だから、休んだことに罪悪感があって不安が大きいときこそ、心を込めてありがとうございましたって言うことが大切だなあと思う今日この頃です。

会うタイミングがなかったり、言うチャンスを逃してしまったら、メールやLINEでも良いと思うし、付箋とかミニレターを書いて、ロッカーや机に貼っておくとかでも、良いですよね。
何も言わないより、良いですね。


ということで、

罪悪感を感じて、ああどうしよう…とそわそわ落ち着かないまま一日を過ごしたり、休んだことを後悔したり、嫌われたくない気持ちが強いからこんなことに…ってうじうじしているよりも、

罪悪感が出てきたら、休みをもらえてありがたいなあーって思った方が安心するし、相手にありがとうございましたって言えたらさらに気持ちが楽になる!
罪悪感を抱いたときは、試してみてください。

 
 

コメント