面白いことを言いたいけど内気だから言えません





面白いことを言いたい。
そして、目の前の人に笑ってほしい…

日頃からそんな願望をお持ちの方は
この世の中にいったいどのくらいいるんでしょうか。

お笑い芸人を目指している人ならそりゃーやっぱり
笑ってほしい願望があるとは思いますが、

芸人目指してなくても・・・家族や友達や同僚、サークルなど、普段会う人とのやり取りで、笑わせたい願望をお持ちでしょうかね?




わたしは、持ってます。
面白いことを言いたい願望があります。
そして笑ってほしいとけっこう強く思っています。

面白いことを言いたい願望の度合いを大・中・小で分けたら、
中の上はいくと思いますよね。

上の下 VS 中の上 のいい勝負です。


そのくらい、おもろいことが言いたい自分だからこそ、
困っていることがあるんです。





それは、面白いことを言いたいくせに、実際には、言えない ということです。







おもろいこと言いたいけど言えないのはなぜかって…

「面白いことを言いたいのに言えないって・・・どーいうこと?
意味わかんないんすけど。」



と、白けた表情をしながら
この記事を読んでいる人もいるかもしれません。


白けた表情をしながら、湖池屋のポテトチップスを食べている方もいるかもしれませんし
カルビー押しの人もいるかもしれませんし、
いや、プリングルスっしょ!という方もいるでしょう。

ところで、ポテチの味はコンソメ味またはのりしお味ですかね。

期間限定の味も良いですが、やっぱ最終的には戻りますよね。コンソメまたはのりしおに。
あ、うすしお味も飽きないうまさがありますよね。




っていうかさあ、なんでポテチの話してんの?


話を戻した方が良さそうです。

「なんで言いたいのに言えないのさ?」って思う人は、
おそらく、内気な人ではありませんね。



どっちかっつーと社交的、あるいは、
どっちかっつーとじゃなくて、もろ社交的 なのではないでしょうか。





わたしはその逆タイプ。
だから、言えないんです。

つまり内気だってことです。
どっちかっつーと内気…いや、もろ内気ですよ、はい。


もじもじ、うじうじしちゃうから、
おもしろいことが言いたくても口に出せないんです。
それで、あーあ、なんで言えないんだろって、凹むんですよ。

ほんとはもっとオモロイねん。
ほんまはオモロイねん。
ほんまの自分は、オモロイねんで。

と、ひとりつぶやきながら凹むんですよ。



ウケたいっていつから思い始めたんだろう。


中学時代の出来事で、今でも記憶に残っていることがあります。
シェアしてもいいですか?ダメっていわれてもシェアしちゃいますけど、いいですか?


中学2年の春のこと。

今まで一度も話したことがない別のクラスの女子と、なぜかは忘れましたが、しばらく二人きりで廊下に立っていました。

その時初めて言葉を交わしたのですが、このときに面白いことを言って笑わせたい願望がむくむくと湧いてきたんです。



当時は今よりも内気レベルが低かったのかもしれません。
あるいは、今よりもスベリを恐れない、勇敢な心の持ち主だったのかもしれません。
言いたい、と思ったことはためらわずに口にしていたようです。今よりはね。


笑わせたいという気持ちに従って、
なにやら話しかけたんですよね。



何を言ったのかまで覚えていませんが、
こりゃーウケるぞニヒヒ って、内心わくわくしてたことは覚えています。




ところがどっこい。



こりゃーウケるぞ二ヒヒ のはずが。


その女の子は、驚いた様子で、わたしの顔を見ましたね。
「え?!美月さんてそんなこと、言うの?!」って
顔に書いてありました。







ほんとにマジックで
顔に何か書いてあったわけじゃないですけどね。

まじでマジックで顔に書いてあったら、
ナニコレ珍百景で紹介してもらえそうですね。

心の声が顔に出る少女発見!
雰囲気的なものじゃないよ。
まじでマジックで顔に書いてあるうーナニコレ!

というナレーションが入りますね。


まあ、そんな事はどうでもいいんですが、

わたしはちょいと傷ついたんですよね。
面白いと思って言ったのに、相手の反応は『びっくり』だったのです。
さらにびっくりしたのが、リアクションがびっくりだけだったってことです。

感情のうち、90%がびっくりでも
残り10% ちょっと笑える、うふふふふ・・・だって良いじゃないか。

それなのに、ああそれなのに。
100%びっくりだなんて悲しすぎるでしょう?

その子の100%びっくりに、わたしが100%びっくりです。




そして、
「自分はおとなしい人だと思われているから、
おもしろいことを言うとびっくりされちゃうんだな」と思いました。

本当にそういう理由で驚いた顔をしたのかはわかりませんし、そもそも驚いてなかったかもしれません。
だけど小さい頃から、おとなしい子だと言われていたため、
そう解釈しちゃったのだと思います。



中学生日記的なお話2

もうひとつ、中学生時代におこった忘れられない出来事があります。
それも、シェアしていいですか?ダメですか?だめって言われてもシェアしちゃいますけど、いいですか?


これもまた中学2年生のとき…英語の授業中のことです。


生徒が順番に教科書の英文を読んでいたときのことです。
わたしの番がきて読み終えると、先生がでかい声で言いました。

「おい、美月!おまえ、なまってない!?」と。
どうやらわたしの英語の発音がおかしかったようです。



先生の言葉に、クラスメートは笑いました。

このときにまたしても発動しました。
先生の笑いに自分の笑いを乗っけたい願望が、湧いてきたんです。

先生の笑い オン ザ わたしの笑い で、
笑いのビッグウエーブがくるかもしれません。

どうしよう!!わくわくしちゃう!!



わたしはすかさず、言いました。

「実は沖縄出身です」と。



「実は沖縄出身です」



いやいや。わたしは長野生まれの長野育ちです。
田舎なのでちっちゃい頃から顔見知りの、幼馴染がたくさんいる中学校。
わたしが沖縄出身だと言って信じる人などいやしません。だからこその沖縄。

うーん、ナイス!!!!
ナイスジョーーク!!!





「 実は沖縄出身です 」

ベリーグージョーク!!







「 実は沖縄出身です 」

イッツ ワンダホー!!











「 実は沖縄出身です 」

ミツキ イズ ベリベリファニー!












実は沖縄出身です













どこがおもろいねん!


って思ったあなた!

ちょっとそこに座って。そして落ち着いて。いいから落ち着いて。


これね、約25年も前の話なんですよ。
当時は今ほどお笑いって身近なものではなかったじゃないですかあ。

25年前なんて生まれてないよ!って人もいるかもしれませんが、
そんな人に言いたい言葉は、「若くていいね。」の一言なんですけど、

まあとにかくですね。


今の方がお笑いって身近だし、レベルが高いって言われてますよね。


そんな背景があっての「実は沖縄出身」ですよ。
昔と今は違うんです。
「実は沖縄出身」で大爆笑なんですよ。あの当時は、大爆笑。

そこを。

そこだけはしっかりと、ご理解よろしくお願いします。




ところが実際は・・・
先生の笑いにわたしの笑いをオンすることができませんでした。



その理由はわかってます。


それは・・・



声が小さすぎたから。





どうやら、声が聞こえなかったみたいなんですよ。
隣の席の子にさえ、沖縄言葉は届いていなかったようです。
わたしのナイスボケは、蚊の鳴くような声で発せられていたのです。
よって、誰の耳にも届かなかったのでした。

すでにみんなが笑ってざわついていたこともあり、
わたしのナイスジョークは闇に葬り去らたのです。

・・・それが真相でした。



グッバイナイスジョーク!シーユーアゲイン。







内気な人は声が小さい。

これって内気あるあるですよね。
そうでしょう? ポテチ食ってるそこのあなた。



でも・・・ちょっとまって。




内気だから・・・って違くない?


今回記事を書くにあたって、自分を振り返り、
ある疑問が浮かびました。

ここまでわたしは、
『うち、ほんまはもっとオモロイねんけど、
内気やから、オモロイこと言われへんねん』っていうニュアンスの書き方をしていました。

でも・・・そうなのでしょうか。
本当に、おもろいのでしょうか。

そもそも、
わたしは笑いのセンスがあるのでしょうか?


だってさあ。


「実は沖縄出身です」って、何?
25年前ならウケるって・・・嘘とちがいますか??

お笑いが身近じゃないとか・・・関係ないんと違いますか?

わたしの発言にぎょっとしたのは
あまりのサムさにどうリアクションしたらいいか分からかったのではないでしょうか?



あの時、クラスメート全員に
わたしの声が届いていたとしても・・・
誰一人、笑わないんと違いますか??



お笑いセンスの問題なんじゃないですか???
内気、関係なくないっすか??



うち、ほんまはオモロイねん基準で
何語っちゃってんすか。

めっちゃ恥ずいやん。

うち、めっちゃ、恥ずいやん。





おもろい話が頭に浮かんだけど口に出せない っていうのと

おもろいことを言いたいのに思いつかない っていうのは違うやん?





うち、おもろいこと、思いついてなくね?

いつも、おもろいこと言いたいけど
頭真っ白になって、なんも思い浮かばないんやん??


おもろいことを言いたいのに思いつかない  なんじゃん?





恥ずい。



内気だから、言えないんだって
ずっと思ってました。

だけど、違ったみたいです。

内気あるあるを書いていたつもりだったけど、
本当は、

『お笑いセンスなしあるある』 でした。


内気、関係ないやん。


っていうか、
お笑いのセンスなしあるある って・・・あるのかないのか、どっちやねん。ややこし!!


はっ!

頭の中で誰かがわたしの悪口言ってる!


おもろないねん、って言ってる!!




恥ずいやん。





顔真っ赤やん。





この恥ずさ、どないしたらええねん。

とりあえず、湖池屋ポテチ食べて落ち着こ。







よし、落ち着いた。

自分が今、言えることっていったら・・・
これしかないですね。うん。
これだけお伝えしたら、さようならしたいと思います。


私は今後、
お笑いのセンスをみがきます。



おもろい人風を装ってしまい、大変申し訳ございませんでした。



出直してきます。しますが、とりあえずいったん寝ます。おやすみなさいzzz




コメント