仕事で失敗して、同僚から陰口を言われている

仕事で失敗をしてしまい、同僚達に迷惑をかけてしまいました。同僚達は怒って私の陰口を言っていたらしいですが、上司がフォローしてくれました。
あれからずいぶん時間が経ちましたが、罪悪感が消えません。みんなに会うのが怖くて、会社に行くのがしんどいです。 

ネットでこのようなお悩み相談を見ました。(中身はちょっとアレンジしてますが。) 
こういったお悩みに共感する方は多いだろうなーと思い、また、それに回答していたカウンセラーさんの言ってることが、「私だったら、そんなん言われても、まったく悩みが軽くならないよなあ~…」と思う内容だったので、私なりの答えを…対処法を、ここに記します。

スポンサーリンク

妄想を膨らませると動けない

仕事で失敗をすることは、誰にでもありますよね。
それによって周りに迷惑をかけてしまうことも誰にでもあるし、それで陰口を言われてしまうことも、致し方ないですよね。 人に迷惑かけてしまった以上は…。

でも、その失敗を引きずってずっとくよくよ悩んでしてしまう人と、失敗を引きずらない人がいます。
何が違うの…? 楽観的な性格? 好かれているかどうか?

いえいえ。私が思うに、「妄想を膨らませてしまうか・事実だけを見ているか」の違いだ思うんです。

妄想というのは、
・私のことをみんな、嫌っている。
・どうせ悪口を言われている。

です。 

この相談者さんも、罪悪感が消えないということなので、妄想を膨らませているんじゃないかと想像しました。

 

”実際に陰口を言われているのだから、そりゃ自分、嫌われてるでしょ!!”って思うかもしれませんが。本当にそうなの…? 事実だけを切り取ってみたら、どうなの?

事実はこのふたつ↓

・仕事で失敗して、同僚達に迷惑をかけた。
・上司がフォローしてくれた。

陰口言われてるのも、事実だよ?と思うかもしれませんが、「陰口を言われているらしい」と、「らしい」が付いています。 

「らしい」というのは、誰かからの又聞きだったり、自分の妄想が入ってます。
だから、本当にそういう事があったのだとしても、相談者さんが直接耳にしたわけじゃないなら、事実とは違うんじゃ・・・?

そして、その陰口の内容も、具体的には分かりません。面と向かって言われたならそれは口ではないですねえ。

つまり、知らないんです、中身を。 だからこそ、妄想がより広がってしまうのですよね。
自分の中で作り上げた、ものすごーーーい 罵詈雑言が飛び交っているのです。頭の中で。それに耐えられない。苦しい、苦しい。やめてくれー。だけど止まらない、罵詈雑言。

 

このようにして、自分は嫌われているという妄想を膨らませるにつれ、
同僚達の視線がものすごーーーく冷たいものに感じて、いつまでもいつまでも悪口を言われているような気がして、びくびくしてしまい、普通に話をすることができなくなります。

また、失敗をして迷惑をかけたことを謝りたくても、さらに怒られるような気がして、怖くてなかなか出来なかったり、謝れたとしても小声になったりうつむいてしまったり…気持ちが伝わる謝り方ができなくなってしまいます。

だから、罪悪感もずっと消えないし。
そうして、私はダメだ、私なんてどうせ…と、ますます同僚達との距離が広がってしまうし。

 

でも、事実だけを見たなら、どうでしょうかね。妄想をしない方が、考えることがシンプルになるんです。事実に対して、どう行動するか? を考えるだけ、になるんです。


自分が今すべきことは何か? を考えて、それを行動にうつします。

この場合、今すべきことはこの2つ↓だと私は思います。

・同僚達に迷惑をかけたことを、心から謝る。
・フォローしてくれた上司に、感謝を伝える。


それで、どうなるのかしら。


同僚達が許してくれるかどうか分かりません。もしかしたらまだ、陰口を言われるかもしれないし、上司からも、もしかしたらイヤミや小言を言われるかも。

だ・け・ど!!

迷惑をかけたことを素直に反省して謝り、フォローしてくれた上司に心から感謝したなら。それを伝えられたなら。

罪悪感は薄らぐんじゃないでしょうか。妄想もそれ以上広がらないんじゃないかしら。

だって、自分が今、すべきことをしたのですもん。

やれることをした以上、もうどうしようもないですよ。あとは、次は同じことを繰り返さないように、仕事に集中するしかないですよ。
この方が、妄想が膨らまないから、気持ちもちょっと明るくなるんです。

陰口言われるのは悲しいけど、でも、ちゃんと謝れたなら、どこか気持ちがすっきりしているんじゃないかなーって、思うんです。

具体的に何をするのか?がポイント

回答していたカウンセラーさんは、このように言っていました。

罪悪感は、実は、喜びとセットです。 人よりも自分が”良い思い”をしているからこそ、罪の意識が生まれるので。
だから、喜びの方にフォーカスしましょう。

この場合の喜びは、
・上司が丸く治めてくれてラッキー。
・給料が下がるかと思ったけど、大丈夫だった!
・みんなみたいに、他人にイライラさせられる側にならなくてヨカッタ〜!

…です。 そうやって、喜びましょう、と。

 

読んだ後、「・・・。」となりました。
私が悩んでいたら、こうやって考えたところで、気持ちは楽にならないし、いつまでも、同僚達から悪口を言われてる気がする妄想も、消えませんよおー。
会社に行くのがしんどいのも、変わらないだろうなあ。
ヨカッタ~!!…ってならないよ?



私は自分が会社勤めをしていて実感するのは、
人間関係で悩んだり、むしゃくしゃしたり、落ち込んだりしたときに、それを解消するための方法って、”気持ちや考え方をどう切り替えるか?” といった、心の持ちようとか考え方を変えるだけじゃなくて(それも大切です、もちのろん。)、
そういうときに、具体的にどんな行動をとるか? がすごく重要なんだということです。

だって、相手がいることだからね。


なので私は、具体的に、を重要視したセミナーや練習会をしています。 具体的に行動する、を繰り返すことこそが、妄想を止める事に繋がるって、私自身が実感しています。

 

今回の場合なら、

・まずは誰から話す?
・いつ言うの?
・どこで?
・第一声はどんな言葉から?
・次になんて言うの?

…といった具合に、ひとつひとつ具体的にしていきます。


ちなみに、「それは、さゆさんだからできるんですよ。」とか「私には無理だし~」はナッシング。
何もできない、なんてことないですからね!その人なりに、今できることが、必ずやありますよ。

私だって、コミュニケーションへたくそですからね、エッヘン!(威張る所じゃないよ)

ほんと、内気だろうと、人見知りだろうと、臆病だろうと、気が弱かろうと、内気だろうと(2回言った)、そういうことは関係ないですよ。私を見てください!エッヘン!(だから、威張る所じゃないよっての。)

あるんです。見えていないだけです。人と比べちゃうから、余計に見えなくなっているだけで。


あなたに今、出来る事。 それを見つけて、行動していけば、少しずつ職場の人間関係が良い方に変わっていきますよ(^^♪



Hits: 54

タイトルとURLをコピーしました