【勘違い】自分には価値がない、どうせ自分なんて

スポンサーリンク

職場にて、配置替えの発表がありました。

今までとは違う部へ異動することになった、A子さん。
突然の異動にA子さんは相当びっくりして、動揺していました。

部署異動とか転勤の辞令が出た時って、同時に例えば課長から部長になるのだったら、嬉しいと思うんですけども、そうじゃなくて、ただ部署が変わる場合には、「自分はここでは役に立たなかったのかな」「わたしは邪魔な存在なのかな…」なんて考えて、落ち込んでしまう事があると思うんですよね。

わたしの職場はあまり異動とかがなくて、○年ごとに必ず部署が変わるとかのルールもないし、時期的にも中途半端だったので、余計に「なぜ、わたしが?」と考えてしまうのも無理はないです。
実際、A子さんは、落ち込んでいるように見えました。

それで、わたしは普段のA子さんの仕事ぶりを見ていて、素晴らしいなと感じることを伝えることにしました。

わたし
わたし

A子さんは、周りをよく見てさりげなく周囲をフォローしてくれるので、一緒に働く人たちはとっても助かっていると思います。

いつも丁寧な対応をしてくれるから、お客さんの信頼度も高いと思うし…。

だから今回の配置換えは、A子さんが新しい部署に必要だというポジティブな理由だとわたしは思います。

 

そうしたら、A子さんは、

A子さん
A子さん

えー!!すっごく嬉しいです!!


って、何度も言って、喜んでいて、表情が明るくなりました。


わたしもまた、そんなA子さん見て、嬉しくなりました。
励まそうとしたわけじゃなくて、普段から感じていたことを伝えただけで、こんなに喜んでくれるんだなあ。

わたしも人を喜ばせることができるんだ・・・! うれしい!!


スポンサーリンク

自分には価値がない…それは、とんだ勘違いだ


自分には価値がない・・・アダルトチルドレンの思い込み。
わたしも自覚がないまま、長年この思い込みを持って生きていました。


価値のない命なんてひとつもないってこと、頭ではわかるんです。
だけど、実感が伴わない。

でも・・・なんでしょうね。Aさんとのやり取りの後で、実感したんですよね。わたしも、誰かを喜ばせることができるんだ、ということを。

それはもちろん、わたしだけじゃなくて誰しもがそうで。
周りに影響を与える存在なんだということを。

そして、これは良くも悪くも・・・で。

例えばわたしは、欠点や不満に目がいきやすいのですが、物事の悪い方ばかりをみて、つまらなさそうな顔をして、ため息なんかついて、眉間にしわを寄せて生活していたら・・・。
周りの人もいい気分でいられないわけで。

わたしがネガティブなことばかり言って、不幸な人生を嘆いていたら・・・自分の子なんて特に、ダイレクトに影響を受けて、同じように、ネガティブな方ばかりを見て、不幸な人生を嘆くようになるでしょう。

逆に、物事の良いところを見て、ニコニコ、ほんわか、穏やかにしていたら…周りにいる人もまた、同じように、ニコニコ、ほんわか、穏やかな気持ちになれる。


わたしも周囲に影響を与えている。
わたしも誰かの支えになっている。
わたしには価値がある。

だから、まずは自分自身が、幸せにならなくちゃいけないんだね・・・。
そのための努力を、続けていかなければいけないんだね・・・。


今までも、欠点ばかりを見てしまう癖を直したくて、人の良いところを探そうと努めてはいたけれど、“自分”のことばかり考えていました。

わたしが努力を続け、幸せに生きることで、その先にあるのは、他者の幸せです…。
そうして幸せがどんどん広がっていくことを想像したら・・・ぼやぼやしていられないな!って、背筋が伸びました。


A子さんの「すごく嬉しいです」という声が、わたしの心の中に残っています。
そうして、今日までにわたしが様々な方から言っていただいた「嬉しい、ありがとう、助かる、良かった、幸せな気持ちになれた」などの有難いお言葉も、身体の中からぽわんぽわんと出てきました。


そうか、だから、わたし自身もまた、「あなたが居てくれて良かった。あなたには生きる価値がある。」と、伝えていかなくちゃいけないんだ。 

段階があるんでしょうかね…。今まで分からなかったことが、「ああ、そうか」と腑に落ちた日でした。


どうせ自分なんて…じゃないです

どうせ自分なんて・・・。

そんな風に思わないで。

あなたは人に良い影響を与えることができるんだから。
あなたのおはようの一言で、ほっとする人がいるんです。孤独感が和らぐ人がいるんです。 たかがそんな挨拶くらいで・・・じゃないんです。


今までツンケンしていたのに、今まで不愛想だったのに、急に、にこやかに、自分から話しかけるとか無理だし!!

なんて意地は捨てましょうよ。

「あの人、急にどうしたの?」「なんか・・・変わったよね?」

そう、思われたとしても、永遠にツンケンしてるよりいいじゃない。
仏頂面でいるその影響を、周りに与え続けているより、良いじゃない!


(・・・と、自分にも言ってます。)


あなたが幸せになることで、周りの人もまた、幸せになる。あなたはそうなれる。それができる。

どうせ自分なんて・・・ってよく思うなら、そういう思い込みが強いなら、そこは変えていかなきゃいけない。 わたしもまだまだこれから。 一緒に、変えていきませんか?