【新型コロナ】これから先どうなるんだろう…と不安になったら

昨日テレビをつけたら、無観客でお笑い芸人さんが漫才をしていて、なんだか寂しい光景だなあと思いました。 人の笑い声って、安心するものなんだなあー、平和の証なんだなーって思いました。

今はもう、どこもかしこも話題は新型コロナ関連です。スマホ開いても、テレビつけても、新聞開いても。


「これから先、どうなっちゃうんだろう…。自分は、家族は。仕事は、食料は。学校は、日本は、世界は…」 とどんどん不安が膨らんでしまいますよね。

そんなときに!! 
ぜひとも読んでいただきたい記事があるので、ご紹介します。


心理セラピスト あらたさんの書かれた記事です↓

【加筆あり】311に寄せて、また”コロナの様な社会不安に対してどうとらえるのか”

 

記事から一部抜粋させていただきます。

 

当たり前のこと、は
当たり前じゃなくて、
誰かが誰かを支え、支え合って
成り立つのが社会だと。

一人で人は生きれないのだと。

命は支え合い、
響き合いながら、
輝くのだと。

その時に氣づき手放すのは、
自分さえ、自分は、
という傲慢さ、なのだと。

困難になった時、悪いとき、
ただ恐怖に怯えて不安をかき集めることではなく、
感謝について感じること。
日常は、ありがたいのだ、と氣づくこと。
自分も周りも、
有り難い、奇跡なのだ、と。


社会不安などのマイナス要因や危機も、
そうしたきっかけにしていくこと、
それが主体性を持ち、自立して生きていくことだと、わたしは考えます。


ぜひ、全文読んでください。

わたしは、不安になっていることに気付いたら、この記事を読み直して、「ああ、そうだった!』と、目の前にいる、大切な家族を見つめます。

そうすると、今までと同じように、猫が気持ちよさそうに眠っていて、息子は夢中になってご飯を食べていたりしています。
その姿を見ると不安は小さくなっていって、この生活が本当に有難いなあと思えるんです。

仕事が終わって疲れて帰ってきた日も、また家に帰ってこれて、こうしてホッとできていることが、幸せで、有難い事だなあと思います。


不安になる時はたいてい、心ここにあらずで妄想している時。
そうなっているなって気づいたら、今に感謝して心の平穏を取り戻せば、「食料がなくなったらどうしよう…」などと、買い占めに走るような衝動にも駆られないです。


皆さんも、「これから先どうなるんだろう…」と不安になったら、ぜひ、今に意識を戻してみてください。

 

 

【追記】こちらの記事↓もぜひ。

不安を感じている あなたへ

コメント