【おっちょこちょい事件簿】恵方巻を求めて三千里

スポンサーリンク

皆さん、節分に恵方巻は食べましたか?

数年前から突如として登場した恵方巻。西日本では昔からおなじみの風習だそうですが・・・東日本に住み続けて40年のわたしにはまったく馴染みがありませんでした。

無言で?恵方に向かって?海苔巻きをほおばるって??「なんだ、そりゃ!」です。続けて「だっふんだ」と言ってしまいそう。

でも、スーパーやコンビニのCM、チラシで、美味しそうな太巻きがバババーーーンと載っていれば・・・ねえ。そりゃ食べたくなりますよ。しまいには息子の学校給食まで!節分にはのり巻きが出るようになって。わたしもいつの間にやら、節分には恵方巻を食べるものだと、思うようになっていました。気づかぬうちに催眠術をかけられたかのような自然な流れで!!!

そういうわけで今年も当然、節分に恵方巻を食べる気満々でいました。

今年は2月2日が節分でしたね。どうでも良い事ですが、節分が来る前の週。メルマガで「いやいや、わたしは例年通り2月3日の豆まきをしますよ!」とどうでもよい宣言をしてました。
いつもは2月3日だもの。2月2日に豆まきするなんて違和感ありまくり!!
でもね。恵方巻は。恵方巻だけは。2日に食べようと思っていました。
だって、3日に買いに行ったって売ってないかもしれないよ? 自分で作るなら何日だろうと、お刺身さえ手に入れば大丈夫だけど、わたしはスーパーのお惣菜頼りです。手作りは無理です。なんてったって、平日だよ?仕事から帰ってきてのり巻きなんて作る気力ないよ?スーパーのお惣菜さまさまです。


・・・というわけで、2日の仕事帰りにいつも行くスーパーに立ち寄りました。時刻は18時過ぎ。
いい感じにお腹が空いています。胃袋が、のり巻きを求めています。

のーり巻き!

のーり巻き!

胃袋からのり巻きコールが聞えます。

まあ、落ち着きたまえ。焦るな焦るな。我が胃袋よ。もうすぐでお惣菜コーナーに到着だ。ホッホッホ。


・・・ところが。

 

・・・売ってない。
一個も、売ってない。

売っていません!!!

 

二度見しても三度見しても、お総菜コーナーにのり巻きが一個もありません。
すっからかんです。

なんで? どういうこと?


あ、そうか!売り場が違うんだわ。特設コーナーがどこかにあるんだわ。
もしかしたら、お刺身売り場辺り?

まったくもー。それならそうと、お惣菜コーナーに書いておきなさいよ!「恵方巻はこちらです⇒」ってさあ!ねえ、胃袋くん。

胃袋と会話しながら、魚売り場に行ってみました。


・・・売ってない。

一個も、ない。


刺身も、全部ない。



ありませんでした。どこにも、ない。



ま、ま、まさか・・・売り切れですか・・・!?


ガーーン!!!!



しかし、このスーパーは人気があるので、売り切れだとしても、まあ納得です。仕方あるまい。

胃袋はのり巻きを求めているし、息子達も楽しみにして家で待ってるし、しょうがない!
ここはひとつ、別のスーパーに寄ってみるとしよう。

仕事終わりの疲れもあって、本当はさっさと家に帰りたかったですけど、気を取り直して、もうひとつのスーパーに行きました。

胃袋が、さっき以上に騒いでいます。


のーりまき!

のーりまき!!



胃袋と一緒にわたしもコールします。


のーり巻き!!

のーり巻き!!!

 

のーり巻き!!!

 


スーパー到着!!

次こそは!!


お総菜コーナーに着きました。





のーーーーり・・・

・・・・ない。



売っていない。


空っぽ。



まさか!!

・・・お刺身も、ない。

ガーーーーーーーーーーン。


オーマイガーーー。

 



またしても、売り切れていました。一体全体、どうしたの?
閉店間際ならまだしも、夕食の時間はこれからだよね??


それとも何ですか、節分だけは夕食を18時には終わらせなければいけないとか、そんな新ルールでも出来たんですか? 食後、18時から一斉に豆をまきましょうって? 決まったの? 法律で?

 

いつものわたしなら、ここで諦めて普通のお弁当でも買って帰るところですが・・・この日のわたしは違いました。 胃袋が、とてつもなく、のり巻きを食べたがっているのです。身体が、恵方巻仕様になっているんです。普通の弁当を口に入れたら、どこかしらで不具合が発生し、故障しそうです。

よし!もう一軒!!! 近くにスーパーはもうないので、今度はコンビニに行くことにしました。我が家は田舎なので、コンビニもそんなに数多くありません。

最後のたのみだ! セブンイレブンへゴー!!!




・・・売っていませんでした。

あのー・・・コンビニの定員さん。この場で、泣いて良いですか?
胃袋はもう、泣いてるけどね。

もう、他の店に行く元気はありません。時刻は19時をまわっています。
仕方がないので、そこのコンビニでお弁当を買い、家路に着きました。
息子達も「えええ~」とがっかりしたのは言うまでもありません。

とうとう今年の節分は、恵方巻をこの目で見る事すら叶いませんでした。


もしかして、売り切れ続出だったのは、フードロス対策なのかなあと考えました。
そうだとしたら、良い事だ。まあ、食べられなかったのは残念だけど、廃棄が減るのは良かった。世の中的には良かった。


・・・なんて思ってましたけど、どうやら違うみたいですね。
全国的に、恵方巻の売れ行きが好調だったらしくて。売り切れ続出ってニュースにもなっていたようです。理由は、コロナで、外食する人が減ったからだとか。

そ、そ、そうですか・・・。

そうですよね・・・。あはははは。



節分の数日前から胃袋が、ワクワク楽しみに恵方巻を待っていたので、翌日も翌々日も、まだ胃袋は恵方巻を求めていました。一度好きになったらなかなか忘れられない。それが恋心というもの。そう、胃袋は恵方巻に恋をしているのでした。
まだ、求めているんです。恵方巻を。



息子達は「えええーーー!」と残念がったのは一瞬で、コンビニ弁当を美味しそうに頬張って満足そうでした。翌日からは何も言っていませんでした。

恵方巻に未練たらたらなのはわたしだけ。
いまだに未練たらたらなのはわたしの胃袋だけ。


このままだと、胃袋が暴動を起こしてしまうかも。ストライキを起こしてしまうかも。グレてしまうかも。タバコ、吸い始めちゃうかも。

最悪、ストーカーになっちゃうかも。やばいよ?

・・・未練を断ち切るには、恵方巻を食べるしかありません。

わたしは数年ぶりに、気合いをいれて自分の手で太巻きを作りました。
手作りは気合いが必要ですよ。よしっ!と10回くらい気合いを入れて、重い腰を上げて、お刺身を買いに行き・・・太巻きを作りました。めちゃめちゃ沢山の具を入れました。

・・・最高に美味しかったです。大満足です。やっぱり、手作りは良いですね。しかも、思ったほど時間もかかりませんでしたよ。そこまで気合い入れるほどに大変ではない事がわかりました。来年からは手作りで頑張っちゃおうかな!えへへ。 でも、結局、お刺身が売り切れていたら、今年と同じ羽目になりますなあ~。

もし、わたしのように、恵方巻がどこにも売っていなくて食べられなかった・・・と胃袋が泣いて暴動を起こしそうな方がいらっしゃいましたら、ぜひ、手作りしましょう! 胃袋が、あまりの嬉しさとおいしさに涙を流すと思います。

コメント