自分より他の人といる時の方が楽しそうに見えたら…

職場の休憩中とか…懇親会とか…友達との飲み会とか…。わたしと話をしていたその人が、他の人と会話を始めたら、どうにもこうにも、わたしと話していた時よりもずっと楽しそうで。会話が盛り上がっているように見えて…。

自分はやっぱり話がつまらないんだな、とか、退屈なんだろうな、とか、あんまり好かれてないんだろうな、とか…あれこれ考えてしまって、寂しいというか悲しいというか虚しいというか…。
どよよーーーーんとした気分になってしまう…。

あなたは、そんなことありませんか?

 

自分なんてどうせ…!と拗ねるわたし

わたしはついこの間、ちょっとどよよーーんとなってしまいました。

あの人、さっきわたしと話していたときのテンションと違くね?! わたしといる時より元気じゃね? ああ、なんだかショックだわあ~・・・って。


こんな時、『どうせ自分なんて』という、”須具すね美ちゃん”キャラがすぐ顔を出すんですね。
どうせわたしがダメだから・・・って。


「ん・・・?須具すね美ちゃんて誰? 新しいアイドル?! やばい!知らない!時代に乗り遅れとる!!」 と焦ってしまったあなた。ご安心ください。ニューフェイスのアイドルではございません。

須具すね美ちゃんは、わたしの中のひとつのキャラクターであります。ほかにも、白黒はっきり子ちゃんとか、花畑メルヘンちゃんとか、色々います。
※こちらを参照してください。


須具すね美ちゃんは、名前の通り、すぐ拗ねてしまいます。このHPの記事でもかなりの頻度で登場してきました。そんなすね美ちゃんが、今回もまたご登場でございます。


ところで、昭和の音楽番組といえば、黒柳徹子さんが司会をしていた「ザ・ベストテン」ですが。
毎週のように登場していた松田聖子ちゃんやとしちゃんや少年隊やみぽりんや、中森明菜さんや工藤静香さんや光GENJIの皆さん・・・そのくらい多い登場回数を誇るのが、須具すね美ちゃんなのです。 

しかし、「ザ・ベストテン」できらきら輝いていたアイドル達は、登場するたびに「キャアアーーーーーーー!!」と黄色い歓声を浴びておりましたが、須具すね美ちゃんが登場しても、一度も「キャアアアアーーー!!」となったことはありません。 
せいぜい「お、おお・・・」と一人、わたし自身が低いトーンで呟くくらいです。それもそのはず、観客は一人もいませんから。 ちなみに、withコロナとは関係ありません。

なんだかすね美ちゃんが可哀想になってきたので、今度登場した時は「きゃああああーーーーーー」と、絶叫マシンに乗ったくらいの甲高い声の歓声を浴びせてあげようと思います。
・・・もちろん、わたし一人ですが、withコロナ対策ではありません。



説明が長くなりましたが、そんな須具すね美ちゃん。先日も登場して早速「どうせ自分なんて」とウジウジが始まったんです。

過去の自分ならば、どよよよーーーんとして終わりなんですけどね、今はちょっぴり成長してきました。どよよよーーーん・・・としているすね美ちゃんの登場を、もう一人の自分が見つめています。

そして「ああ、わたしは今、自分はどうせつまらないんだ。好かれていないんだ。って落ち込んでいるわあ。」と、わりかし冷静に見ています。

そんでもって、「どうせ自分は・・・」は妄想なんだよなあ~・・・なんて事も考えています。

自分はつまらないだとか、退屈な人間だとか、そう思っているのは他人ではなくて、実は自分自身で。 「あなたといるよりも〇〇さんと話している方がよっぽど楽しいわ!」って言われたわけじゃあないのなら。なんとなーくそう感じる、というのなら。自分自身がそういう風に自分を見てるってことですよ。セルフイメージがそうだ、ってことです。

 

えーそれでは歌っていただきましょう!
今週の第一位!
須具すね美さんで「それはわたし。わたしなの。」です!どうぞ~♪


頭では理解できても腑に落ちない

かつて心の仕組みにすごく興味があって、お勉強をしていた頃の…数年前のわたしなら。 

ですから、周りの人が本当にそう思っているわけじゃあないですよ。自分自身がそう思っているだけなんです。だから他の人との方が楽しそうって感じるのは、気のせいなんですよ。気のせい、気のせい! 大切なのは自分のイメージを良くすること。セルフイメージを高めていきましょうね♪

・・・って感じで締めていたと思います。


確かにそうなんですけどね・・・。 でもさ、自分でそう思っているだけですよって言われてもさ。どうしたらセルフイメージって高くなるの?!
気のせいだ、なーんて言われても、「あらそう?じゃあ、気にしないでおくね!」ってあっさり割り切れないんだけど!!

頭ではそうかと分かっても、どうしても、自分がだめだからっていう思考から抜け出せない。頭でわかっていても腑に落ちない。納得しきれない!!

って、感じじゃないですか??


そうじゃなくて。
「自分といたら退屈なんだわ…」って考えずに済む、やたらと凹まずに済む、具体的な方法を教えてほしい!って思いませんか?  


では、さっそく具体的な方法をこれからお伝えしましょう!

観察して気づいたこと、感じたこと

先日、どよよーーーんとしちゃった時にわたしが意識したことは、”周りをじっくり観察すること”なんです。

須具すね美ちゃんが登場すると、「自分なんて」と自分自身のダメなところ探しが始まってしまいます。ダメなところを探している間って、自分の中に意識が向いていて、周りが見えていないんですよね。その状態のときに始まっているのが、妄想ですよ。

あの人はきっとわたしのこと、好きじゃないんだ・・・。
後できっと、悪口を言われてしまうんだ・・・。って、次から次に。

それを止めるために、自分以外を観察するんです。


楽しそうに見える人たちを、さりげなく観察してみました。
そうすると、「どうせ自分は…」とすね美ちゃんになっている時は分からなかったことに気付いたり、違う考え方が浮かんできて気持ちが変わりました。


あれ?めっちゃ盛り上がってるって思ったけど、そーでもないぞ。
愛想笑いっぽくない?もしかして、気を遣う関係性?!
沈黙の時間もあるなあー

なんてことに気付いたり、



合う人、合わない人は誰にだっているんだよなあ~ 正直、わたしだって〇〇さんと話が合う、楽しい!って感じてたわけじゃあないんだよね。自分がつまらないから・・・っていうよりも、お互い様じゃないかい、これって。わたしはわたしと合う人との関係を大切にしたら良いんじゃない・・・?それなりに会話出来てるんだから、それで十分なんじゃないの??

って、考え方が変わったり。

自分へのダメだしを止めることができたんです。 これでどよよよーーんもストップしました。全員に好かれなきゃいけない、絶対に嫌われたくない!!みたいな思い込みが取れたのでしょうかね。

 

わたしは今回、相手を観察しましたけど、相手を観察するのが難しかったら(目が合いそうだから無理とか)、店員さんだったり、お客さんだったり、遠くにいる職場の人たちだったり、なんなら、走ってる車だとかそこに置いてある植物だとかを観察するのも良いと思います。

とにかく、自分の中へ意識が向いて、妄想が広がらないようにするんです。
他の人と話しているときの方が楽しそうに見えるのは気のせい、気のせい!と思い込もうとするよりは、どよよよーーーんってならずに済みます。



それでは歌っていただきましょう。
今週の第一位!須具すね美さんで「KA・N・SA・TUを止めないで」です! どうぞ~♪

 

セルフイメージを上げるって…


セルフイメージを上げるって、そんなに簡単じゃないなあって思うんです。思考の癖を直していくのと同じで、時間かかるなあって。


でも、今回のように、こうしてみたらどうだろう?って試して、おお、これ、良いじゃん!って手応えをちょっとでも感じられたときには嬉しくなりますし、その時の自分は好きなんですよね。 ついでにこうしてその体験を記事にしている自分も、なんだかんだで好きなんですよね。

そういった積み重ねが、もしかして、セルフイメージ向上になっていくんじゃないかなあ~…って。まだまだ道の途中で、ぼんやりしてますけれども、少なくとも好きな自分がそこには居るので、そう感じています。


そんなわけで、あなたも、物は試し! 他の人といる方が楽しそうだなって感じたときは、「KA・N・SA・TUを止めないで」を思い出して、試してみてくださいね☆

コメント