人付き合い苦手さんが話しかける時のポイント

職場にて。
上司から、私のデスクに内線が入りました。

 

上司
上司

みつきさん、ちょっと〇〇室まで来て!

 

私

は、はい…!

 

上司の声が、普段よりも、何となくトーンが低く、深刻そうな、いら立っているような、怒っているような…そんな感じがしました。

 

え?!私、なんかしたっけ?!

と、即座に不安になりました。 

 

ウーム…何をやらかしたか…?
この間の書類、ミスってたかな…。
それとも、クレーム来た…?

それとも…???

それとも・・・????

 

わ、わからん・・・・!!

 

 

注意を受けそうなことがなかったか…あれやこれや考えながら呼ばれた部屋に行きました。

するとそこには、上司の他にもう一人いて、2人でパソコン画面を凝視していました。

 

上司
 

みつきさん、zoomの始め方、分かる?

 

 

え…!用件って、それ!?!?

 

もしや、zoomが使えなくて、イラついていたのか・・・?? えええええー?!

なんだよ~何かミスったかと思ってドキドキしたじゃんかよー!
ドキドキ損だぜ~!

 

スポンサーリンク

一言付け加えるだけで…

これ、たった一言、付け加えるだけで良いんですよねえ。

 

上司
 

みつきさん、zoomの使い方を聞きたいので、〇〇室に来てください。

 

zoomの使い方を聞きたいので。

 

この一言がないばっかりに、相手をドキドキさせちゃうわけですねえ。

しかし、上司を責めることはできません。なぜなら私も、やってるから!!

 

 

 

みつき
 

すみません、今、お時間よろしいですか?

と上司に話しかけるとき。
私の表情や声が暗かったりしたら、もしかしたら

 

なんだろう、会社辞めたい、とか言い出すの…?? 

 

って、思うかもしれませんよ。 人手不足で、求人出しても人が来ない、大変だー忙しいー手が足りない―という毎日の中で、暗い声とか真面目な顔で話しかけられたらさ。 

もしや…?!ってドキッとするかもしれません。 辞表でなくても、文句言われるのかな…?とか、良くないことを想像しちゃうかも…。

 

最初に話しかける時に、

 

みつき
 

すみません、来週の会議の件ですが、今お時間よろしいですか?

 

って、〇〇の件について話しがある、ということを、一言付け加えたらいいんだよね。


そうすれば、相手は「ああ、あのことね」って分かるから、無駄にドキッと不安にさせることがないし、いざ話をするときも何の話かを分かっているから、話しがスムーズだし。

 

ほんのちょっと、が大きく変わっていく

たった一言。
ほんのちょっとのこと。

たいしたことない…! なんてことは全くなくて、むしろ逆で、こういう”ほんのちょっと”が積み重なって、コミュニケーションが取りやすくなったり、お互いの関係が良くなったり、していくんですよね。

反対に、”ほんのちょっと”を怠ることで、距離が広がって、関係が悪化してしまう。

 

今日の教訓怠るな ほんのちょっとを 怠るな 怠ることは なかれ なりけり~

 

 

気付いたら、直せばいい!
あなたも、これを読んで「そうか!」と思ったら、やってみてください。

自分のためにも、相手のためにも…!

 

Hits: 14

タイトルとURLをコピーしました