何もかも嫌だ、もうどうでもいい!と投げやりになった時は

あなたは、「はあー。もう何もかも嫌だ…。もうどうでもいい…!」って、投げやりになってしまうことって、ありませんか?

何もかもが嫌!っていう気分のときは、仕事にはもちろん行きたくないし、家事もしたくないし、誰かに会うのも面倒で、自暴自棄になってしまいがち。

わたしもこの間、そんな気分になりました。
・・・っていうか、過去振り返れば、そんな気分になりまくっていました。

 

本当は「何もかも」じゃない。

どういうとき、「何もかも嫌だ!」って思ってしまうのか…。

わたしの場合は、忙しかったり疲れていたりで、もともとストレスが溜まっていて、余裕がなくなっているとき、「何か」が起こると…です。
この「何か」は、そんな大きなことじゃなくて、わりと些細なことだったりします。誰かにちょっと傷つくこと言われたとか、誰かを不快にさせてしまったとか、やろうとしてたことができなかったり、うまくいかなかったとか…。

 

よく考えてみると、「何もかも」が嫌なわけじゃないんです。

だって、「何もかも嫌だ、どうでもいいや…」と心の中で呟いて、深ーいため息をついている…まさにその最中に。わたしゃ、おやつ食べてますからね。

スイーツなんぞをもぐもぐしながら「うむ。おいしい…♡」ってちょっぴりほっこりしちゃってる自分が…ほんのほんのちょっぴりですけど、むしゃくしゃして食べてるっていうのが表向きですけど、でもどっかに存在しているんです。
はあーあ、ってため息つきながら、味わってるんですよ。


本当に何もかもが嫌でどうでもいいなら、食べることだって嫌なはずなのに、もぐもぐしてるんですよ。ついでにコーヒーも淹れて、しっかりおやつタイムを満喫してるんですよ。

 



だから、何もかも嫌だ…!っていう気分のときは、本当にすべてが嫌なわけではなくて、そのくらいストレスたまってるんだな、とか、しんどいことが重なってるんだな、って自分のことを見てあげたいですね。


だいたい、何もかも嫌だ!って自暴自棄になってしまう自分自身のことが、そもそも許せないんです。 ただでさえ沈んでるのに、さらに「こんな風に投げやりになる自分はダメだ」って責めて、もっとやる気をそいで暗い気分にしてしまうんです。


せっかくおいしいスイーツをもぐもぐしてるんですから、「あらあら。わたしったらそのくらい我慢してたんだわ。そのくらい頑張ってたんだわ。」って、自分に言ってあげた方がいいです。
そうしたらスイーツをもっと味わっておいしく頂けますね。
食欲の秋バンザイ!です。

 

それから、何が嫌なのかを具体的に書き出してみるのもおすすめです。

以前、息子がやはり「もう全部がイヤになった…」みたいなことを言って落ち込んでいたので、何が嫌なのかを書きだしてもらったんですが、3つ出てきただけでした。

書き出してみると案外数は少なくて「あれ?これだけだった?」なんて思います。 その嫌な事自体は解決してなくても、気分的にちょっと楽になります。
何もかもが嫌だ、と考えているときと 嫌なことが3つある、と考えるのとでは、気分が違うもんです。

 

 

完璧を求めるから自分を責める


「何もかも嫌だ!」っていう気分になるのは、完璧主義だからなのかなと思います。

完璧を求めれば、完璧じゃないところが気になるわけですよ。
気になるくらいならまだいいけど、完璧じゃない部分や、完璧じゃない自分のことをダメだって責めるようになります。


例えば…

・栄養バランスのいい食事を作らなきゃいけないのに、今日も昨日もお惣菜。わたしは主婦失格だわ。
・明るく笑顔で挨拶したいけど、できてない。暗い人だと思われているだろうな。嫌だな。
・今日は資格試験の勉強を1日中しようと思ってたのに、30分しかできなかった。計画的にできないダメ人間。

・・・みたいな。

 


完璧にやらなければ!っていう意識がなかったら、お弁当を買って済ませる日があっても良くて、休日に手料理を作ったら「おお、わたしナイス!」って自分を褒められるし、笑顔で挨拶できなくても気持ち込められたからいいよねって自分を認めることができます。
勉強を30分できた。0分じゃない。少しはできた!明日は60分やろう!って前向きになれます。

 

でも、完璧を求めていると…できているところ、やれたことが見えないんです( ノД`)シクシク
数学の答えじゃないんだから、ダメなところ、できないことなんて探せば必ずや見つかりますよね。

さらに、できたorできない っていう答えは二択のどちらか…っていう、0か100かの白黒思考も組み合わさり、できない!できない!と、できない自分ばかり見てしまうんです( ノД`)シクシク

 

 

あなたの傾向と対策は?

何もかも嫌だ!と沈んでいる最中に、「最近何があったっけ?どんなことで自分を責めていたんだろう?」なんて冷静に考えることはできないので、普通の心理状態のときに、日頃どんなことで完璧を求めているのか。自分にダメ出しするのはどういうときが多いかってことを確認しておくと良いなって思います。傾向が分かれば、対策も考えることができますもんね。

 


わたしはこれまで自分のことがさっぱり分からなかったのですが、自分のタイプとか傾向っていうものが、少しずつ分かってきました。 
さっきも書いたように、忙しかったり疲れているときほど、完璧を求めて自分を責めやすい傾向があります。

あれしなきゃ、でもできない。これしなきゃ、でも無理!どうしよう。何やってんだろ、自分は…! ってどんどん焦っていき、できない事ばかり目がついてしまうんです。だからこそ、ゆっくり休む時間が大切だし、意識して休息しなきゃいけません。


とは言え、分かっていたってできないことや疲れていることに気づかないこともあって、そんなときに「あーあ。ちっとも変わってないや」なんて完璧を求める自分や、白黒思考がむくむくと顔を出して、自暴自棄になることがあるんですけどね…。

でも、たっぷり時間があるときに振り返ってみれば、人との接し方も考え方も…やっぱり今までとは違ってきている部分はあるし、成長しているなって思えるのです。こんなときのスイーツは、しっかりはっきり、美味しいです。食欲の秋です。

 

 

あなたも、「もう何もかも嫌だ。どうでもいい!」って投げやりになってしまうことがあるなら、まずはそうなりやすい時がどんなときか…傾向を知るところから始めてみませんか? そこから改善策が見つかりますからね(^^)


コメント