明るい世界は眩しすぎて私には似合わない

ずっと、一人で、自分の世界に閉じこもっていたから。
誰もいない、まっくらな世界は、不安だらけ。怖くて、寒い。

一人ぼっちはとても孤独だけど、でも、それが私にとっての、当たり前。

暗闇の世界が、自分の住まい。
暗くて、当たり前。
寒くて、当たり前。

 

そうして何十年と生きてきたから、
昼間の…明るい世界にちょっと足を踏み入れると、気が引けるし、怖気づいてしまう。

私、そっちに行っても良いの?!って。

 

昼間の世界は、明るくて、あたたかくて、楽しそう。

ずっと、そっちに行きたくて、ずっと憧れていて、
でも自分には似合わない、と背を向けていた世界。

実は、そちらに、行ける。
行っても良い。
こっちにおいでよ―!って呼んでくれている人がいる。

 

でも、怖くって。

やっぱり、あれは、まぶしすぎる。
私にいる世界じゃない…私なんか… と動きたくなくなる。

スポンサーリンク

昼間の世界はこそばゆい

近頃…。

職場で、あるいはご近所さんに、明るい声であいさつをしている私に、自分でちょっと驚くことがある。

あれ…私、こんなに明るい声が出るんだ?!ってびっくりして、なんだか恥ずかしくなって。

みつきさん、どうしたの?!って、相手が怪訝におもうんじゃないかなって。
みつきさん、何、浮かれちゃってんの!?って、思われるんじゃないかなって。

そうして、居心地が悪くなって、「こんなの私じゃない…!」って、暗闇の世界へ後ずさりして、戻ろうとする自分が出てくる。 
居心地が悪いっていうか、慣れないっていうか…。

そう、これ、アウェイ感だなあ。

アウェイな場所で疎外感。こんな私が嫌いです
久しぶりに”アウェイ”を感じながら、2時間近くを過ごしました。今はコロナ自粛で、アウェイな場所に行くことなど滅多にありませんので、「おお、この感じ、久しぶりだ…」と思いましたよね。メインチームの会議に参加アウェイと言っても、社内...

 

スーパーにて。
レジに並ぶのが、ほぼ同時になってしまった、おじいさんとの会話。

 

お互いに「先、どうぞ」「いえいえ、お先にどうぞ。」

「良いんです、私、急いでいませんから。」

「いいよいいよ。先にお入りなさい。」

「そんな~良いんですよ、お先にどうぞ。」

「いいのいいの。レデーファーストじゃから。オフォフォ」

「そうですか、では、お先に。ありがとうございます~!フフフ。」

「フォフォフォ」


なんていうやり取りを、おじいさんは大きな声でする。
私は笑顔で話をしている。


他のレジにならぶ人たちの目がちょっと気になりつつも、なんだかとっても心があたたかくなって、嬉しくなって。世知辛い世の中で、ほっこりした瞬間。

だけど、ちょっと、恥ずかしくって。

あたたかい、昼間の世界は、ちょっとまだ、こそばゆいなあ…って感じがする。

慣れるまで 少しずつ 少しずつ

真夜中にぱっと電気がついたら、まぶしくって、ちゃんと目を開けていられない。
しばらくすれば慣れるけど、それまでは「まぶしー!!やめてー!電気、消してよー!!」って思う。

慣れるまでの間が。
快か不快か、で言ったら、 だいぶ、不快。

だから、明るい世界は、私の居場所じゃない気がしちゃう。

こんなところ、いやだ!
そっぽ向いて、興味ないフリして、ツンとして、賢いフリして、充実しているフリをして。

見栄っ張りな私でいられる世界が、私の居場所だって。

ずっとずっと求めていたのに。

暗闇の方が慣れているから。私なんて、どうせ、嫌われているから。
私なんて、つまらない人間だから。
私なんて。
私なんて。

 

ばかばかしい。くだらない。興味ない。
そう言い聞かせながら、暗闇に引っ込もうとする時がある。
そして、実際に、引っ込む。

でもね。
やっぱりそこもなんだか、違和感がある。

違うなあって思う。
ずっとここに居たい、とは思わない場所。
もう、ここは私の居場所じゃない、と自分で本当は知っている。

だから、少し居たら「あ、やっぱり、もう、いいや。」って思う。


そうやって、少しずつ、アウェイだった昼間がホームになっていくんだろうな。

アウェイな場所も少しずつホームになっていく
私は知らない場所で、知らない人と関わるのが苦手です。アウェイを感じて居心地が悪いったらありゃしない。でもコロナ禍で、仕事での研修も、飲み会も、学校の参観日も、地域の集まりも、何もかもがなくなったので、アウェイを感じる場面というものがめっき...

 

だんだん分かってきたよ。
それ、ただ、「慣れていない」ってことなんだって。

明るい自分の声に、耳が慣れていないだけで。

知らない人との、その場の、何気ない会話が。
嬉しいってことに、気持ちが慣れていないだけ。

 

暗闇にいたら、ぱっと電気が点いたから。
まぶしさにびっくりしてるだけ。

だから、そんな、びくびくしないで良いんだって。
しばらくすれば、目が慣れて、いろんなことが、よく見えるようになってくるから。

暗闇よりも、呼吸がしやすくて、視界が広くて、安心感があって、良いなアって思うようになってくるから。

 

どんなことだって、最初からはうまくいかない。 何回も経験して、少しずつ、出来るようになっていく。仕事も、勉強も、運動も、家事も、なんでも…!

自分の居場所だって、同じ。
引っ越したばかりは、いくら良い家でも、環境でも、慣れるまではやっぱり緊張するし、時間がかかるよ。そういうもんだね。

 

そして何より。暗闇の世界も、昼間の世界も、どちらも経験したのなら。
どちらの世界も知っている人なのだから。

暗闇の寂しさを、寒さを知っているから、そこにいる人の気持ちが分かり。 まぶしい世界に居心地の悪さを感じることを知っているから、後ろに下がろうとする人の気持ちが分かる。

そんなことが、人への思いやりとか、優しさになるんだって、思う。

だから、暗闇の世界も必要で、そこがあるから、違いがわかって。
後になれば、あれはあれで良かったんだって、昼間の世界に慣れた頃に、いつか、思えるのだと思う。

 

そういうわけで、私は、この記事を読んでくださっている、暗闇で一人、うずくまっている方と一緒に、あれ?私の声が前より明るいよ?! って驚いて、恥ずかしくなって、もぞもぞして。
びくびく、おどおどしながら…昼間の世界に慣れていきたいと思っているのです。

 

Hits: 46

タイトルとURLをコピーしました