”人から良く見られたい”と願ってもムダ

この1年で3回ほど、母と、バスツアーで県内の日帰り旅行をしました。
すべて、バスガイドさん付きでした。

私としては、日帰りだし県内で時間もそんなに長くないし、ガイドさんが居なくても問題なく旅行ができそうな気がしましたけど、やっぱり高齢の母が好むようなツアー内容なので、お年寄りの参加率が9割以上。ガイドさんが居てくれた方が安心なんでしょうねえ。 
3回とも違うガイドさんでしたが、それぞれに特徴があって面白かったです。

 

スポンサーリンク

①トイレトイレトイレガイド

第一回目のツアーガイドさん。推定年齢50歳の男性。ずんぐりむっくり、声は高めで早口、明るいおじさんです。ニックネームはくまさんとしましょう。

 

私のイメージでは、バスガイドさんが話す内容って、目的地に関係する歴史だとか歌だとか、バスの中から見える風景を「あちらに見えるのが○○山で~その向こうには○○があり~ 古くは○○の戦いがあって~…」 という感じだったのですが。
そういった話はほとんどなく。 なんと、7割くらいは「トイレ情報」なのでした。

 

バスが出発してじきに、今回の旅のトイレ休憩箇所を教えてくれました。

 

トイレ太郎
くまさん

○○と○○と○○でトイレに寄ります。

トイレ太郎
 

次のトイレ休憩は、〇〇パーキングエリアです!
ここでトイレに行っておかないと、しばらくトイレに行けませんよ!

トイレ太郎
 

・・・はい!到着しました!
ここからしばらくトイレがありませんからね~!お願いしまーす!

トイレ、トイレ、トイレ…。

 

母が言うには、お年寄りになるとトイレが近くなる人が多いから、それでこんなにトイレの事を説明してくれるのではないか?ということでしたが。

それにしても、トイレ情報がしつこいっ!それ、さっきも聞いたよ!何回同じこと言うんだろうか。お年寄りって、そんなに何度も言われないと忘れちゃうの?? 

さらにくまさんったら、地声が大きいのにマイクを使うもんだから、ボリュームマックスで頭に響きます。声が高くて早口。最初は気にならなかったことが、後半に入り、疲れがたまってくるとやたらと気になる…!

 

くま太郎!!トイレ情報はもう良いぞ!! 

(いつの間にかくま太郎になってる。)

 

トイレにはじまり、トイレに終わる、くま太郎バスツアー。

 

②飛行機飛行機飛行機ガイド

2回目のツアーもまた、おじさんのガイドさんでした。バスガイドさんと言ったら女性…なんていうのはもう時代遅れなの?今のトレンドは、おじさんなの?

 

今回は、背が高くてこれまた恰幅の良い50歳くらいの男性。
くま太郎よりも、話し方はゆっくり、落ち着いた雰囲気があります。
そして、トイレの事はそんなに言わない。

おお!いいね!!

…とほっとしたのもつかの間、段々と怪しい雲行きに。

 

目的地の途中、空港の近くを通りました。

すると、

 

ヒコーキ次郎
 

今、飛行機が飛んでいますが、あれは○○に向かっている飛行機ですよ!

ヒコーキ次郎
 

私はここから飛行機に乗って、○○や○○に何度も行きましたよ。

ヒコーキ次郎
 

この空港からは1日○便出ています。

飛行機、飛行機、飛行機…!

 

今乗ってる乗り物って・・・バスだよね??合ってる?!

 

我々は今、飛行機に乗っているのでしたっけ??と、錯覚しそうになりました。

空港を通り過ぎてもまだ、飛行機の話をしている…。
目的地についてからは飛行機の話が出てこなかったので、あーよかった、と思っていたら、帰りの道中でまた空港の近くを通ると、そこから飛行機、飛行機、飛行機…!

 

話し方は、くま太郎よりも落ち着いているから聞きやすいけれども。何でそんなに飛行機の話ばっかりするの??飛行機に興味を持ってるご老人って、そんなに世の中に沢山いるのかね…?少なくとも私の母は、苦虫を噛み潰したような顔をしているよ? 

今日はバスツアーだよ? 飛行機ツアーじゃないんだよ? なぜこんなにも飛行機押し…?

 

ヒコーキ次郎
ヒコーキ次郎

飛行機に乗って○○へ行くツアーも来月、ありますから、ぜひご参加ください!!



ツアーへの勧誘だったんかい!!

 

飛行機にはじまり、飛行機に終わる、ヒコーキ次郎でした。

③ぼそぼそぼそぼそぼそぼそガイド

2回とも、クセの強いガイドに辟易し、ちょっと疲れてしまった私は、もう当分の間、バスツアーは良いかな…と思っていました。が、暇をしている母がまたしても、魅力的な県内日帰り旅行プランを見つけてきたのですよ。 

行きたい気持ちが、クセすごバスガイドの不安に勝りました。3回目のツアーにGO!

 

3回目は、くま太郎やヒコーキ次郎よりもさらに年配、還暦超えてる感じがします。菅元首相に似ている。痩せていて、話し声も小さくて、なんだか、気が弱そうだぞ…

くま太郎やヒコーキ次郎のような押しの強さが感じられません。
そして、静かです…。

 

おお、これは期待できる!!!

 

私も母も、もっぱら、ガイドがどんな人なのか?とガイドに興味津々でした。

バスが出発しても、二言三言、必要なことを話しただけで、あとは沈黙…めっちゃ静か…

 

いい!!すごく、いい!!!

 

しず三郎は本当に必要最低限のことしか話しません。
とても、好印象です。


トイレのことも、飛行機のことも、まったく、言いません。
とても、好印象です。

 

次の休憩はどこで取るか? 教えてくれないので、分かりません。
とても、好印象です。

 

声が小さくてぼそぼそ話すので、「○時に集合してください」の「○時」が何時なのかも聞き取れません。
とても、好印象です。

 

外からバスを見れば、集合時間はちゃんとボードに大きく書いて掲示されています。聞こえなくても問題ないです。 とても、好印象です。

 

 

良い!しず三郎、良いよ!!!

 

しず三郎は、静かなだけじゃなく、優しさもありました。

SAの休憩中、買い物をしていたら集合時間ギリギリになってしまい、他の全員がバスの中で待っている中、私だけ走ってバスに向かっていました。焦りました。
すると、しず三郎さんが「走らなくて大丈夫ですよ。」と優しく声をかけてくれました。
こんなとき、「急いでください!」って言うガイドさんだっているでしょうに…。

 

良い!しず三郎、良いよ!!!

 

とはいえ、ガイドはガイド。 しず三郎もずっと静かなわけではありません。ところどころでマイクを手に、今バスが走っている場所の、豆知識を披露してくれました。

 

しずか四郎
しず三郎

ぼそぼそ…

 

うん、半分何言ってるかわからへん。

 

良い!しず三郎、良いよ!!!

 

 

帰りのバスの中では、なんと、歌を歌っていました。確か、石原裕次郎さんの歌だと言っていたような…?

 

しずか四郎
しず三郎

 

ぼそぼそぼそ~♪

しずか四郎
 

ぼそぼそぼそぼそ~♪

 

しず三郎、最高だよ!!!

 

どんな印象を持たれるか操作できない。

私は今回のことで、「人からよく見られたい」と自分を装ったところで、どんな印象を持たれるかなんて全然人によって違うし、分からないことだなあ、って実感しました。

 

トイレ太郎(くま太郎改め)、ヒコーキ次郎と事前に出会っていたおかげで、しず三郎のふるまいが本当に心地よかった私ですが。

そうでなければ、「説明が足りない。」「やる気がない人だな。」とマイナスイメージを持っていたんじゃないかと思うんです。
これでバスガイドかよ!って思っていたかもしれません。

 

実際、一緒にバスに乗っていた人の中には、そういう印象を持った人もいるかもしれないし、トイレ太郎のことを「トイレについて詳しく教えてくれて何て親切な人なんだろう!ありがとう!トイレ太郎、頼りになるなあ♪」と良い印象を思った人もいるかもしれないし、
ヒコーキ次郎の話を聞いて「飛行機の旅行も楽しそうだなあ♪ヒコーキ次郎のおかげで、ワクワクするー♪」って思った人もいるかもしれないし。

 

こう見られたい!!と自分を偽ったって、相手が持つ印象を操作することは不可能!人は好き勝手にそれぞれに、印象をさまざまに持つんです。

 

だったら、偽って、疲れて、しんどくなるよりも、自分らしくいた方がストレス少なく人と関われるんだから、そちらを心掛けた方が良いよね。 

三人三様のガイドさんのおかげで実感できましたよ。ありがとう、だんご三兄弟ならぬ、ガイド三兄弟!

 

Hits: 29

タイトルとURLをコピーしました